顔にできるにきびと頭皮にきびは、どんな違いがあるかご存知ですか?

顔にできるにきびと頭皮にきびは、どんな違いがあるかご存知ですか?

かゆい思いをするのが同じでもにきび原因や治し方など治りにくいと悩みがある人には、不思議な点かもしれません。

 

 

知らない人が少なくないのは、顔にできるニキビと頭皮にあるにきびは、症状は同じです。

 

顔と頭、どちらも原因は余分な皮脂が毛穴で詰まったせいです。

 

顔面でも頭皮でも条件が揃えば、にきびはできます。

 

頭皮については、たくさんの毛穴があって皮脂の分泌が盛んです。

 

また、顔よりも髪が長いことが多く、顔にできるにきびのように気づきにくいので、十分なケアになっていないことが多いです。

 

そのような理由で、頭皮にキビは治らないという印象が強いかもしれません。

 

 

 

 

 

健康な頭皮に痒みは起こらないので、逆に言えば、痒みがあるということで頭皮環境が崩れていると認識して良いでしょう。

 

頭皮が痒いのは、皮脂が過剰に分泌されていたり、乾燥していたり、菌やダニ、紫外線など原因は様々です。

 

何が原因だとしても髪の毛の成長を妨げるため、その先には、抜毛症になります。

 

はげないとは言い切れません。

 

また、できものができて掻いて傷つき傷がもとで痒くなるという痒みのサイクルに陥ることもあります。

 

頭皮のかゆみが続くならば、原因を明確にしなければなりません。

 

対策を行う必要があります。

 

抜毛にならないよう最善を尽くしましょう。

 

 

 

 

 

頭皮に赤い部分があるときの原因として考えられるのは、最初に疑うのはシャンプーです。

 

シャンプーと言えば、汚れを洗い流す力を当然持っていますが、洗う力が強いと言われる商品にはほとんどの場合、○○硫酸の言う名前の成分が含まれています。

 

硫酸系の成分は、高い洗浄力を誇りますが、必要以上に頭皮の油分も水分も洗い流してしまって、頭皮には大きな弊害を引き起こします。

 

そのようなシャンプーは継続して利用すると頭皮は外部の刺激に耐える力が弱まり、炎症が発症するきっかけになって頭皮が赤くなります。

 

硫酸系の成分を含まないアミノ酸系のシャンプーでさえ、無条件には安心できません。

 

アミノ酸系の成分にも様々なタイプがあって、頭皮との相性に影響します。

 

頭皮が赤い人は、シャンプー選びに注意して使いましょうね。

 

相性が良さそうなシャンプーを選んだあとは、洗髪の方法にも注意します。

 

ガリガリと力を入れたり、爪を立てて洗ったりなど、頭皮に力づくで容赦のない洗い方は絶対にいけません。

 

それに頭皮に直接シャンプーを付けたり、すすぎが中途半端でシャンプー剤も汚れも洗い残すと頭皮に炎症を起こす原因になってしまいます。

 

 

 

 

 

頭皮にニキビができる原因は、皮脂が余分に分泌されてしまうことや肌再生に支障が起きてしまうなどで古い角質や皮脂が毛穴をふさいで、それらが毛穴に残ってしまって発症します。

 

蓋をされた状態の毛穴では、常駐している菌(アクネ菌)が古い角質や皮脂を栄養として増殖し、その過程で毛穴が炎症を起こしてにきびになります。

 

頭ににきびができる過程は顔などほかの肌と同じですが、頭の方が皮脂腺が集まっていて皮脂量も多いので、アクネ菌が活性化しやすいためにきびができやすい環境になっています。

 

また、頭皮は髪に覆われていることから角質や皮脂など汚れが付きやすく痛みやかゆみを放置しておくと膿になったり、患部はさらに悪化する危険もあります。

 

 

 

 

 

page top