顔にできるにきびと頭皮にできるニキビは、どんな違いがあるでしょう。

顔にできるにきびと頭皮にできるニキビは、どんな違いがあるでしょう。

痛い思いをするのは同じでもにきび原因や治し方など治りにくいと悩みがある人には、不思議な点かもしれません。

 

 

知らない人が多いと思われるのは、顔にできるニキビと頭にできるニキビは、医学上は同じです。

 

顔面と頭皮、どちらも原因は余分な皮脂が毛穴で詰まったせいです。

 

顔でも頭でも肌のケアが悪いとにきびはできます。

 

頭の場合、たくさんの毛穴があって皮脂の分泌が活発です。

 

また、顔に比べて髪が長いことが多く、顔にできるにきびのように目立たないので、対処がおざなりになりがちです。

 

そういったことで、頭皮にキビは治りにくいと諦め気分になりがちかもしれません。

 

 

 

 

 

赤い頭皮の対策は、手始めにシャンプー剤とシャンプーのやり方を見直します。

 

頭皮は炎症を起こしているので、刺激の強い硫酸系の成分を含有した商品は避けるべきです。

 

全ての皮脂をすべて剥がしてしまうほどの力はないくらいが丁度良いので、汚れはある程度摂れれば良いと割り切ってアミノ酸系のシャンプーにしましょう。

 

注意点としては、アミノ酸系は確かに刺激は弱いのですが、使う人との相性が悪いことはないとは言い切れません。

 

その点に注意してシャンプー商品を選びましょう。

 

また、シャンプーのやり方についても見直しましょう。

 

ゴシゴシ洗い、爪立て洗いはいけません。

 

シャンプー剤で泡をしっかり作り、頭皮も髪もその泡で洗うつもりでやってください。

 

その後はしっかりすすいで、最後に、トライヤーと髪は15p以上離してしっかりと乾かしましょう。

 

 

 

 

 

男性でも女性でも生え際が心配で、ハゲるだのハゲただの気が重くなりますね。

 

(花王のキュレルはおすすめとも聞きますが)頭皮にかさぶたと痛いかゆい頭皮ニキビの対策方法は原因排除が重要で、少なくても頭皮を清潔(画像)にすることですので、洗髪には注意が必要です。

 

たとえば、頭痛があってフケだらけなら市販薬では治らないケースがほとんどで、その場合は、ストレスが原因かもしれません。

 

頭皮ニキビができてしまった、またはできやすい人は、洗髪のやり方を変えた方がいいと思います。

 

大事なことは、成分に関係なく洗髪の時のシャンプー市販を頭皮に直接つけないこと、余分な皮脂はきちんと落とすこと、頭皮は指の腹でマッサージするように洗うこと、また洗髪の時のシャンプーは頭皮や髪にに残らないようにすすぎをしっかりやって終わらせることです。

 

シャンプー後は、髪を生乾きにしないことが大切です。

 

 

 

 

 

フケは、ターンオーバーの周期が乱れることが原因と思われます。

 

ターンオーバーとは古い肌が新しい肌に置き替わる循環過程です。

 

皮膚は、外側から表皮、真皮、皮下組織という構造で、新しい皮膚は内側の基底膜で生成され、それが28日間で28日かけて肌の角質に変わります。

 

肌の循環過程の周期が早くなると新しい皮膚が未熟な状態で新しい角質になります。

 

未熟のため外部の刺激に耐える力が小さくなり乾燥に弱い敏感な肌になってしまうのです。

 

逆に循環過程の周期が遅くなると古い角質が肌の表面に残るので、くすんだ肌に見えたり、ごわつく原因となります。

 

よく聞かれるアトピーは、この循環過程の周期が早すぎて、新しい皮膚が未熟となり、様々な肌の障害が生まれます。

 

 

 

 

 

page top