顔にできるにきびと頭皮にきびは、どんな違いがあるでしょう。

顔にできるにきびと頭皮にきびは、どんな違いがあるでしょう。

かゆい思いをするのが同じでも治し方、にきび原因が違うのか、治らないと悩みがある人には、不思議な点かもしれません。

 

 

知らない人が少なくないのは、顔のにきび、そして頭にできるニキビは、医学上は同じです。

 

顔面と頭皮、原因はどちらも余分な皮脂が毛穴で詰まったせいです。

 

顔面でも頭皮でも条件が揃えば、にきびはできます。

 

頭皮については、たくさんの毛穴があって皮脂の分泌が盛んです。

 

また、顔よりも長い髪にしている人が多く、顔にできるにきびのように気づきにくいので、対処がおざなりになりがちです。

 

そのような理由で、頭にできるニキビは治らないという印象が強いかもしれません。

 

 

 

 

 

かゆみ止め薬ムヒのメーカーが20〜60代の男女10000人に行ったアンケートによると「頭がかゆくなることがある」が56%、「一年中痒い」が42%、痒いときどうするかの問いには、「掻く」53%、「何もしない」21%、「シャンプー」40%、「市販薬を使う」6%、「病院からの処方薬を使う」5%だったそうです。

 

痒いときに掻くのは自然の欲求とも思えますが、ただし、掻いたときは少しでも気持ちがいいかもしれませんが、同時に皮膚に傷をつけてしまうリスクもあり、気を付けなかればなりません。

 

 

 

 

 

男性でも女性でも将来ハゲるだの既に生え際がハゲただの悩みは尽きません。

 

(花王キュレルをおすすめするサイトが多いですが)頭皮にかさぶたがあってニキビができて痛い・かゆいときの対策方法は原因排除が重要で、まずは頭皮をきれい(画像)にすることですからそのためシャンプーは必須です。

 

ちなみに頭痛とともにフケだらけの場合、オロナインでは治らないことが多く、そのケースでの原因は、ストレスの可能性もあります。

 

頭皮ニキビができてしまった、またはできやすい人は、シャンプー方法を見直しましょう。

 

大事なことは、成分に関係なく洗髪の時のシャンプー市販を直接地肌につけないこと、毛穴に詰まった汚れはきちんと落とすこと、頭皮は指の腹でマッサージするように洗うこと、そしてシャンプー剤は頭皮や髪にに残らないようにすすぎをしっかりやって終わらせることです。

 

洗髪後は、頭皮をしっかり乾かすことも大切です。

 

 

 

 

 

頭皮の痒みが強くブツブツもある場合は、国立感染症研究所によると疥癬(かいせん)というヒゼンダニが原因の病気の可能性もあります。

 

ヒゼンダニの脱皮殻や排せつ物にアレルギー反応を起こし痒みを覚えます。

 

人から人に感染するので、赤ちゃんでも頭や顔の湿疹ができます。

 

通常疥癬(つうじょうかいせん)よりもノルウェー疥癬とも呼ばれる角化型疥癬の方が、感染力が強いのですが、なんと痒くない症例もあり痒みで判断するよりも患部の見た目で判断する場合が多いです。

 

皮膚そう痒症(ひふそうようしょう)、アトピー性皮膚炎、虫刺され、皮脂欠乏性湿疹と似ているのでその診察は、専門医でも難しいと言われ、まして素人ではまず判断することはできません。

 

予防のためには、まず疑うことから始めるのが賢明です。

 

 

 

 

 

page top