頭皮湿疹が特に痛くないと特に痛くないと病気としてとらえない人は、

頭皮湿疹が特に痛くないと特に痛くないと病気としてとらえない人は、

焦って病院の診察を受けようとしない。

 

 

そもそも頭皮のにできる湿疹とは、汗によるかぶれ、皮脂の洗い残し、皮脂の洗いすぎ、空気の乾燥など様々なことをきっかけにして起こります。

 

頭皮が痒かったり、フケが落ちたりするのは、人の肌に常在するマラセチア菌が頭皮の皮脂を食べて排せつ物が頭皮を刺激し、炎症からなるものです。

 

頭皮にブツブツの湿疹ができたときは、市販薬でも処方薬でも薬で対処する方が短期間で完治できます。

 

治らないということはまずありません。

 

ただ大きいブツブツが治らないは、重篤な病気も疑いましょう。

 

 

 

 

 

健康な頭皮に痒みは起こらないので、痒みがあるということは、頭皮環境が崩れていると考えられます。

 

頭皮が痒いのは、頭皮や空気の乾燥とその逆の皮脂の過剰分泌、菌やダニ、紫外線などいくつか原因があります。

 

何が原因だとしても髪の成長には、足かせになってしまうためその先には、抜毛症につながることもあります。

 

また、できものができて掻いて傷つきそのせいでまた痒くなる、という痒みのサイクルに陥ることもあります。

 

痒みが数日間に及ぶなら皮膚科などで原因を特定してそのうえで、適切な治療を選択します。

 

抜け毛まで発症させないように最善を尽くしましょう。

 

 

 

 

 

頭皮にニキビができる原因は、過剰や皮脂の分泌や肌再生に支障が起きてしまうなどで古い角質や皮脂が毛穴をふさいで、それらが毛穴に残ってしまって発症します。

 

蓋をされた状態の毛穴では、通性嫌気性菌のアクネ菌が皮脂や古い角質を栄養として増殖し、それにより毛穴を中心に炎症となって、それがニキビという疾患になります。

 

頭ににきびができる過程は顔などほかの肌と同じですが、頭皮の方が皮脂腺が密集している上に皮脂量も多いので、活発なアクネ菌のためにきびになりやすい環境になっています。

 

また、頭皮は髪に覆われていることから角質や皮脂など汚れが付きやすく痛みやかゆみを放置しておくと膿となり、患部はさらに悪化する危険もあります。

 

 

 

 

 

頭皮の痒みが、脂漏性皮膚炎によるものならば、処方薬を塗る飲む以外に本人ができることは、清潔な頭皮を維持することです。

 

清潔にするためには、髪の汚れや余分な皮脂を洗い流し、シャンプー後はよく乾かすことです。

 

髪を濡らす前にブラッシングをして、そして温めのシャワーでしっかり濡らします。

 

これにより目に見えない皮脂や埃をだいぶ落とせます。

 

シャンプーは洗浄力の弱いものを使い、よく泡立て指の腹で頭皮を揉むように洗います。

 

頭皮に傷をつけると厄介ですので、爪を立てたり、ガシガシ洗うのは厳禁です。

 

泡はお湯を惜しまず使ってすすぎます。

 

洗髪が終わったら頭皮も髪もヘアドライヤーで、完全に乾かします。

 

ヘアドライヤーは、風量よりも髪にあたる温度に注意してください。

 

 

 

 

 

page top