頭皮への気遣いは、保湿と洗髪がポイントです。

頭皮への気遣いは、保湿と洗髪がポイントです。

シャンプーは、皮脂を取り除くことに集中しているかもしれませんが、頭皮は顔と同じで、べたつきもするし、乾燥もします。

 

 

痒みが出るときもあるので、掻くのと治まるを繰り返すことで、頭皮が固くなってしまうこともあります。

 

酷くなるとネットで検索できるような画像と同じように発症することもあります。

 

頭皮にかさぶたや湿疹がある場合、治し方として市販薬を使うこともありますが、かゆみなしかありか、1つの判断基準です。

 

原因の1つはストレスということも考えられます。

 

皮膚科の受診も検討した方が良さそうです。

 

後頭部に炎症ができてなかなか治らないという場合は、患部と枕カバーがこすれ合うことで、治りにくいということがあります。

 

枕カバーは清潔さを持続して、肌に優しいシャンプーで洗髪してください。

 

案外見過ごせないのは子供の抜け毛です。

 

かゆい、痛い等と言っていないか注意しましょう。

 

 

 

 

 

頭皮湿疹や痒みの防止は、薄毛対策になります。

 

頭皮のかゆみは、頭皮に何らかのトラブルがあると(症例は画像検索して参照してください)考えられますので、そのトラブルをそのままにしておけばもっとひどくなり、抜け毛が目立ち始めると薄毛になるケースがあります。

 

子供でも同様に治し方を間違えるとかゆい痛いが治らない事例もありました。

 

もちろん、頭皮のかゆみがすべて薄毛になるというわけではありませんが、かさぶたからのフケがある痒みの原因として頭皮の乾燥や余分な皮脂、ストレスの姓で自律神経が乱れること間違ったシャンプーなどが考えられ、結果的に薄毛を引き起こすこともあるので、注意しましょう。

 

市販薬でかゆみなしとなってもたかがかゆみと軽視しないで、様子を見て皮膚科を受診しましょう。

 

 

 

 

 

頭がかゆくなる原因として、脂漏性皮膚炎という病気が、その1つです。

 

脂漏性皮膚炎は、皮脂が過剰分泌になると起きやすくなります。

 

頭皮に限らず肌には、健康な皮膚にするための常在菌、不必要な常在菌(マラセチア菌など)がいます。

 

マラセチア菌は、皮脂を餌として遊離脂肪酸を排出します。

 

頭皮は、遊離脂肪酸の刺激によって炎症を起こすこととなります。

 

それと刺激から頭皮を守ろうとする作用によって皮脂の分泌が増え、余分に分泌された皮脂をマラセチア菌が続けて食べて刺激物を排出するという痒みの悪循環となります。

 

 

 

 

 

フケは、ターンオーバーの周期が乱れることが原因と思われます。

 

肌の再生とは皮膚が生まれ変わる循環のことです。

 

皮膚は、外側から表皮、真皮、皮下組織という構造で、新しい皮膚は内側の基底膜で生成され、それが28日間で肌の角質に変わります。

 

肌の循環過程の周期が早くなると基底膜で生成された新しい皮膚が未熟なまま新しい角質になります。

 

未熟ですからバリア機能が弱くなり乾燥に弱い敏感な肌になってしまうのです。

 

逆に循環過程の周期が遅くなると肌に古くなった角質が残る期間が長いので、くすんだ肌に見えたり、肌がごわついた感じになります。

 

よく聞かれるアトピーは、この循環の周期が短すぎて、新しい皮膚が外部の刺激に弱く、かゆみなどの肌トラブルを起こします。

 

 

 

 

 

page top