頭皮は白いのが当たりまえってご存知ですか?

頭皮は白いのが当たりまえってご存知ですか?

逆に赤い頭皮はトラブルが起きているかもしれません。

 

 

頭皮が赤いということは血行が悪い状態で、それは頭皮に問題を引き起こすきっかけになりやすいです。

 

顔色ならば、運動や長時間の入浴をすると毛細血管が拡張して赤くなります。

 

しかし頭皮は、事情が違います。

 

頭皮は身体の中で心臓から遠く、血管が細くもともと血流が悪いので白いのです。

 

ですから運動や入浴をしていない通常時に頭皮が赤いということは、むしろ、血流が悪いせいで頭皮にトラブルがあるかもにあると言えます。

 

 

 

 

 

頭皮に脂漏性皮膚炎がかさぶたができた際、療養のポイントは頭皮保湿と洗髪です。

 

頭に発症した脂漏性皮膚炎の画像は、見えるに堪えられないレベルでまさかかゆみなしではないでしょうが、治し方の1つとして皮膚科の受信は外せないですね。

 

治らないときには、ストレスのチェックや市販薬の利用も考えます。

 

わかっているつもりでも頭皮を守る役目のある皮脂を取り過ぎていることが原因になることが多いです。

 

頭皮には、皮脂腺と汗腺が非常にたくさんあり、常に分泌しています。

 

特に皮脂腺は、体の中で頭皮が一番多く顔の中でも多いTゾーンの2倍以上です。

 

頭皮も顔のお肌も皮膚としての構造は同じなので、頭皮のトラブルもまさに肌トラブルと同じと考えた方が良いでしょう。

 

シャンプーは顔にも使えるものを使い、頭皮の皮脂に優しくすることに注意しましょう。

 

子供でさえかゆいや痛いと感じたら抜け毛の心配が必要です。

 

 

 

 

 

頭皮湿疹や痒みの防止は、薄毛対策になります。

 

痒みがあるということは、頭皮のトラブルが(症例は画像検索して参照してください)考えられますので、そのトラブルをそのままにしておけばますます状況が悪くなって、抜け毛が目立ち始めると薄毛になってしまう危険があります。

 

それは子供でも同じで、治し方を間違えるとかゆい痛いが治らない事例も考えられます。

 

もちろん、頭皮のかゆみがすべて薄毛になるというわけではありませんが、かさぶたからのフケがある痒みの原因として頭皮の過剰な皮脂や乾燥、ストレスや自律神経の乱れ、間違ったシャンプーなどが考えられ、結果的に薄毛を引き起こすこともあるので、注意が必要ですね。

 

市販薬を使ってかゆみなし状態になってもたかがかゆみと軽視しないで、何日か続く場合は皮膚科を受診しましょう。

 

 

 

 

 

頭皮が赤くなる(=炎症)を防ぐには、頭皮を紫外線から守ることを考えます。

 

紫外線は、季節にかかわらず地上に降り注いでいますので、天気に関係なく外出の際は、帽子などをかぶり紫外線が頭皮に届かないよう遮断します。

 

そもそも紫外線に負けないよう健全な頭皮を維持することは重要です。

 

だから頭皮を乾燥させたり、必要以上に皮脂が分泌されないようにします。

 

皮脂が過剰になったり、頭皮を乾燥させないためには、生活習慣の見直しが急務です。

 

ストレスや栄養バランスの悪い食事、質の悪い睡眠などが病気以外の根本的な原因ですので、それらに注意また改善の努力が必要です。

 

 

 

 

 

page top