頭皮の赤みの理由とは、最初に疑うのはシャンプーです。

頭皮の赤みの理由とは、最初に疑うのはシャンプーです。

シャンプーと言えば、その用途から洗浄力を必要としていますが、洗う力が強いと言われる商品にはほとんどの場合、○○硫酸の言う名前の成分が含まれています。

 

 

硫酸系の成分は、高い洗浄力を誇りますが、使い方によっては残したい水分や油分さえ取り除いてしまい、頭皮には大きな弊害を与えることがあります。

 

そのようなシャンプーは継続して利用すると頭皮は外部の刺激に耐える力が弱まり、炎症が発症するきっかけになって赤い部分が生まれます。

 

硫酸系の成分を含まないアミノ酸系シャンプーでも問題がないこともないです。

 

その洗浄成分にはいろいろ性質が違うので、頭皮との相性に影響します。

 

口コミなどを参考にシャンプーをしっかり見極めて利用しましょう。

 

自分に合うシャンプー剤を選べたら次はシャンプーのやり方です。

 

ゴシゴシと乱暴に洗ったり、爪を立てて洗ったりなど、過度な力と刺激を頭皮に与えるやり方は、しない方が無難です。

 

それに頭皮に直接シャンプーを付けたり、シャンプー後のすすぎが不十分で汚れだけでなくシャンプー剤を残してしまうと頭皮に炎症ができてしまう原因になるでしょう。

 

 

 

 

 

頭皮のにきびは、余分な脂が毛穴に詰まることで発症する炎症のため皮膚の再生サイクルを正常に戻すことが大切です。

 

また外からの刺激に耐えられる健全な頭皮にすることが重要です。

 

それを実現するためにできることは、次の通りです。

 

ストレス軽減、脂質の多い食事を減らす、タバコを止める、飲酒量を減らす、よく眠る、頭皮を清潔にする、頭皮にきび予防のシャンプーを使う。

 

以上です。

 

総じていえば規則正しい生活の上、頭皮に余計な刺激をしないことがとても大切ということです。

 

 

 

 

 

頭皮のできものの対処法として最も重要なのは、触れないということです。

 

痒いならなおさらです。

 

頭皮にある「できもの」はどうしても気になってしまい、触りたくなってしまいます。

 

頭皮にできた場合は、簡単に見えないことが多くしっかりと観察できないから指先の感触で確認せざるを得なくなります。

 

ただし、繰り返しになりますが、「できもの」は頭皮に限らず、指で触ってはいけません。

 

なぜなら多くの雑菌が指先に付着しているためです。

 

指先や「できもの」のない肌の場合は、見えない雑菌を恐れることはありません。

 

でも患部に大量の雑菌が付けば、そのせいで状態がさらに悪くなる可能性があります。

 

ですので、イボも含めて「できもの」には触れないことが一番です。

 

 

 

 

 

痛いとかかゆいとか頭皮湿疹にしないために洗髪は、頭皮の脂を取り除こうとゴシゴシ洗うのは避けましょう。

 

(かゆみなしの子供も同じ)正しい手順は、髪を濡らす前にブラッシングでゴミなどを取り除きます。

 

次に温めのお湯に髪全体を付けます。

 

温めのお湯とは、38度前後です。

 

頭皮がピリピリしてはいけません。

 

シャンプー剤は、手に適量を取って十分に泡立てます。

 

泡は、頭のてっぺんから両側、後頭部につけて両手の指の腹で頭皮を優しく洗いましょう。

 

すすぎは、泡を完全に取りきるようにじっくり2分程度流します。

 

乾かすときは、タオルドライの後、ドライヤーの熱風が直接髪にあたらないように注意します。

 

こういうことで、頭皮の湿疹が治らないということがならないようにします。

 

もちろん抜け毛防止にもつながります。

 

シャンプー前のブラッシングでは、頭皮かさぶたのフケが出るかどうかがポイントです。

 

皮膚科に行かなくても市販薬での治し方もありますが、油断せず患部の画像も見てください。

 

それが油断した結果かもしれません。

 

原因にはストレスも考えられるので、一度、そういった振り返りをしてみませんか?

 

 

 

 

 

page top