頭皮の赤みの原因として考えられるのは、最初に疑うのはシャンプーです。

頭皮の赤みの原因として考えられるのは、最初に疑うのはシャンプーです。

シャンプーは、汚れを洗い流す力を当然持っていますが、洗う力が強いと言われる商品にはほとんどの商品で○○硫酸の言う名前の成分が含まれています。

 

 

硫酸系の成分は、高い洗浄力を誇りますが、使い方によっては残したい水分や油分さえ洗い流してしまって、頭皮環境にダメージを与えることがあります。

 

そういったシャンプーを毎回使うことで頭皮の免疫力が落ちて炎症を引き起こし、赤い部分が生まれます。

 

硫酸系の成分を含まないアミノ酸系のシャンプーでさえ、問題がないこともないです。

 

その洗浄成分にはいろいろ性質が違うので、頭皮との相性に影響します。

 

頭皮が赤い人は、シャンプー選びに注意して利用しましょう。

 

自分に合うシャンプー剤を選べたら次はシャンプーのやり方です。

 

ガリガリと力を入れたり、爪を立てて洗ったりなど、頭皮に力づくで容赦のない洗い方は絶対にいけません。

 

それに頭皮に直接シャンプーを付けたり、すすぎが中途半端でシャンプー剤も汚れも残してしまうと頭皮に炎症ができてしまう原因にになってしまいます。

 

 

 

 

 

頭にできるニキビは、皮脂が頭皮の毛穴に詰まることが原因で発症する炎症のため皮膚の再生サイクルを正常に戻すことが大切です。

 

また外からの刺激に耐えられる健全な頭皮にすることが大切です。

 

そのために意識すべきことをお話しします。

 

ストレスをなくす、インスタント食品など脂質過多にしない、たばこの本数を減らす、飲酒量を減らす、しっかり眠る、頭皮をきれいに保つ、頭皮にきび予防のシャンプーを使う。

 

以上です。

 

まとめていうと規則正しい生活の上、頭皮に余計な刺激をしないことが大事ということです。

 

 

 

 

 

頭皮にできものやニキビができている人は、ストレスが溜まっていませんか?

 

ストレスは皮脂を増やす原因となり、皮脂が過剰にあるとニキビやできものを作り出す原因となります。

 

ストレスは溜めこまずに生活することが大事というのが理屈ですが、ストレスを溜めやすい人は発散がへたな人が多いのも事実です。

 

誰でもストレスを発散できる方法なんて言うものは、残念ながらないですが、やはりストレスの元凶からできるだけ離れること、そしてできるだけ考えないことが基本中の基本ですね。

 

ストレスの元凶がたとえば家の外であれば、自分だけの場所や時間を探し出すことで離れられると思います。

 

自分の体形や性格など「自分自身」であれば、良くも悪くも割り切って認めることから始めますかね。

 

できものの原因がストレスの場合は、ストレスが小さくなればなるほど解消されやしので、自分なりのストレス発散の方法をぜひ探してみましょう。

 

 

 

 

 

かゆみ止め薬ムヒのメーカーが20代から60代の男性と女性、合わせて最大1万人にアンケートを取った際の結果のお話しです。

 

「頭がかゆくなることがある」が56%、「一年中痒い」が42%、痒いときどうするかの問いには、「掻く」53%、「何もしない」21%、「シャンプー」40%、「市販薬を使う」6%、「病院からの処方薬を使う」5%だったそうです。

 

痒いときに掻くのは自然の欲求とも思えますが、ただし、掻いたときは少しでも気持ちがいいかもしれませんが、同時に皮膚に傷をつけてしまうリスクもあり、気を付けなかればなりません。

 

 

 

 

 

page top