頭皮の赤みの原因として考えられるのは、まずはシャンプーです。

頭皮の赤みの原因として考えられるのは、まずはシャンプーです。

シャンプーと言えば、汚れを洗い流す力を当然持っていますが、洗う力が強いと言われる商品にはほとんどの場合、○○硫酸の言う名前の成分が含まれています。

 

 

硫酸系の成分は、洗う力は強いのですが、必要以上に頭皮の油分も水分も洗い流してしまって、頭皮には大きな弊害を引き起こします。

 

そういったシャンプーを継続して利用すると頭皮の免疫力が落ちて炎症を引き起こし、頭皮が赤くなります。

 

一方、頭皮に優しいと言われるアミノ酸系シャンプーでも問題がないこともないです。

 

その洗浄成分にはいろいろ性質が違うので、頭皮との相性に影響します。

 

頭皮が赤い人は、シャンプー選びに注意して利用しましょう。

 

相性が良さそうなシャンプーを選んだあとは、次はシャンプーのやり方です。

 

ゴシゴシと乱暴に洗ったり、爪を立てたり、過度な力と刺激を頭皮に与えるやり方は、絶対にいけません。

 

また、シャンプー剤を直接頭皮に付けるとか、シャンプー後のすすぎが不十分でシャンプー剤も汚れも残してしまうと頭皮に炎症を起こす原因になってしまいます。

 

 

 

 

 

男性も女性も生え際が心配で、ハゲるだのハゲただの気が重くなりますね。

 

(花王キュレルをおすすめするサイトが多いですが)頭皮にかさぶたがあって痛いかゆい頭皮ニキビの治し方は原因をなくすことが大切で、少なくても頭皮を清潔(画像)にすることですので、そのためシャンプーは必須です。

 

たとえば、頭痛があってフケだらけならオロナインでは治らないことが多く、そのケースでの原因は、ストレスの可能性もあります。

 

頭皮ニキビができてしまった、あるいはたくさん赤いポチポチがある人は、洗髪のやり方を見直しましょう。

 

大事なことは、成分に関係なく洗髪の時のシャンプー市販を直接地肌につけないこと、余分な皮脂はきちんと落とすこと、頭皮は指の腹でマッサージするように洗うこと、また洗髪の時のシャンプーは毛穴に残らないようにすすぎをしっかりやって終わらせることです。

 

洗髪後は、頭皮をしっかり乾かすことも大切です。

 

 

 

 

 

赤い頭皮になってしまう理由は、皮脂によって炎症を起こしている可能性があります。

 

頭皮に炎症を起こした場合、大きく分けて2つの原因があります。

 

皮脂の過剰な分泌と頭皮の乾燥です。

 

1つ目の皮脂が過剰である理由ですが、だいたいは食生活の乱れ、睡眠不足、ストレスなどが挙げられます。

 

過剰な皮脂は頭皮の炎症を引き起こします。

 

もっとも皮脂は完全な悪者ではないという点です。

 

適度な皮脂は、頭皮を外部の刺激や乾燥から影響されないようにする機能があります。

 

あり過ぎることが良くないことで、それを放置すると酸化して過酸化脂質に変化して頭皮を刺激する原因というわけです。

 

頭皮が乾燥していると紫外線の影響を受けやすくなります。

 

必要な皮脂の要は、人によって違いシャンプー剤の影響や間違った洗髪のやり方によって、その必要量がないくらい洗い流してしまった場合などは、頭皮が皮脂によって守られる作用が小さくなったことを意味します。

 

そのうえで紫外線を浴びると日焼けもするしその紫外線のせいで炎症が発症するというわけです。

 

 

 

 

 

質の高い睡眠は、免疫力を向上させ、肌のターンオーバーを促す成長ホルモンを分泌させやすくなります。

 

免疫力アップは、できものやニキビができにくい肌にし、肌の再生サイクルが正常であれば、ニキビやできものができても治りやすい肌にします。

 

では、質の高い睡眠のためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

すぐにでも実行可能な、効果が期待できる心がけがいくつかありますので、ご紹介します。

 

体に適度にフィットする枕やマットレスを選びます。

 

寝る部屋は静かに暗くしておきます。

 

ブルーライトは脳を刺激するので、寝る前はスマホなどを長時間見ないように。

 

寝てる間に胃の消火活動させないよう、寝る前は何も食べないようにします。

 

入浴をするなどして寝るときに体を温めておくこと。

 

このようなことが熟睡するコツで、質の高い睡眠になります。

 

 

 

 

 

page top