頭皮の血行が悪く赤くなるのは、炎症も併発している可能性があり、

頭皮の血行が悪く赤くなるのは、炎症も併発している可能性があり、

症状の程度によっては当人と言えど素人では早く完全に治すのは難しいかもしれません。

 

 

もちろん、素人ではそれすらも正しく判断できない可能性もあるので、面倒も医療機関に出向いて診察または治療を受けることを考えた方が良いでしょう。

 

頭皮が赤い、できものがあったり、痒い、かゆくないけど痛い等の主な症例としては、アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、乾皮症皮脂欠乏症湿疹などです。

 

素人判断で症状が悪化しないように明確な根拠で正しい治療をするようにしましょう。

 

 

 

 

 

頭皮への気遣いは、シャンプーと保湿が大切です。

 

シャンプーは、頭皮の脂を取ることに集中しているかもしれませんが、頭皮も顔と同じくべたつきもするし、乾燥もあります。

 

そして頭皮湿疹が痒いときは、無意識に掻いては治まりの繰り返しで、結果、頭皮に固い部分ができてしまいます。

 

酷くなるとネットで見かけるような画像のように症状が進行します。

 

頭皮湿疹やかさぶたができているときは、治し方として市販薬を使うこともありますが、かゆみなしかありか、1つの判断基準です。

 

原因の1つはストレスということも考えられます。

 

皮膚科の受診も検討した方が良さそうです。

 

後頭部に炎症ができて治らないときは、患部と枕カバーが擦れることで、治りにくいということがあります。

 

常に枕のカバーは清潔にするよう心掛け、肌に優しいシャンプーで洗髪してください。

 

意外と気づかないのは、子供の抜け毛です。

 

痛いとかかゆい等言っていないか注意しましょう。

 

 

 

 

 

頭皮にニキビやできものができやすい人は、ストレスを溜めやすい人です。

 

ストレスは、皮脂の過剰分泌を誘発し、余分な皮脂はニキビやできものを作り出す原因となります。

 

そのことからストレスは溜めないで、発散することが大切というのが正論ですが、実は、ストレスを溜めこみやす人は発散がへたな人が多いのも事実です。

 

「この方法なら誰でも発散できる」というのはありませんが、簡単な方法として、ストレスの原因からできるだけ離れること、そしてできるだけ考えないことが基本になります。

 

ストレスの原因が、「職場や学校」や「他人」などであれば、その中でも誰にも干渉されない場所を見つけることで離れやすいと思います。

 

自分の体形や性格など「自分自身」であれば、良くも悪くも割り切って認めることからスタートしてみませんか?

 

ストレスが原因のできものは、ストレスが小さくなるだけでも解消されやしので、ストレスをちょっとでも発散できる方法を探してみませんか?

 

 

 

 

 

赤い頭皮になってしまう理由は、皮脂によって炎症を起こしている疑いがあります。

 

頭皮の炎症は、主に2つの原因があります。

 

皮脂の過剰な分泌と頭皮の乾燥です。

 

1つ目の皮脂が過剰である理由ですが、原因は、おおよそストレス、睡眠不足、偏った食生活などがが考えられます。

 

皮脂が余計にあると炎症になります。

 

もっとも皮脂は全くないのは良くないことです。

 

皮脂が頭皮に適量あると頭皮を外部の刺激や乾燥から影響されないようにする役目があります。

 

問題なのは過剰にあることで、それを放置すると酸化して過酸化脂質に変化して頭皮を刺激する原因になるわけです。

 

乾燥した頭皮は紫外線の影響を発症しやすくなります。

 

人それぞれ皮脂の必要量が違いますが、シャンプー剤や間違った洗髪のやり方によって、その必要量がないくらい取り除いてしまったときは、頭皮が皮脂によって守られる作用が弱くなった状態です。

 

そのうえで紫外線を浴びれば、その紫外線のせいで頭皮に炎症が起きることとなります。

 

 

 

 

 

page top