頭皮の血行が悪く赤くなるのは、つまり頭皮に炎症が発症していることも考えられ、

頭皮の血行が悪く赤くなるのは、つまり頭皮に炎症が発症していることも考えられ、

具合によっては当人と言えど素人では治らない可能性もゼロではありません。

 

 

もちろん、素人ではそれすらも正しく判断できない可能性もあるので、面倒も医療機関に出向いて診断を受け、最適な投薬と治療をした方が良いでしょう。

 

頭皮が赤い、できものがあったり、痒い、かゆくないけど痛い等の炎症の種類は、アトピー性皮膚炎、乾皮症皮脂欠乏症湿疹、脂漏性皮膚炎、接触性皮膚炎などです。

 

素人判断で症状が悪化しないように明確な根拠で正しい治療ができるようにしましょう。

 

 

 

 

 

赤い頭皮になってしまう理由は、炎症ですが、炎症の原因は頭皮の乾燥である可能性があります。

 

頭皮に炎症を起こした場合、大きく分けて2つの原因があると言われています。

 

皮脂の過剰な分泌と頭皮の乾燥です。

 

1つ目の皮脂が過剰である理由ですが、原因は、おおよそ食生活の乱れ、睡眠不足、ストレスなどが挙げられます。

 

過剰な皮脂は頭皮の炎症を引き起こします。

 

もっとも皮脂は全くないのは良くないことという点です。

 

適度な皮脂は、頭皮を外部の刺激や乾燥から影響されないようにする役目があります。

 

あり過ぎることが良くないことで、それを放置すると酸化して過酸化脂質に変化して頭皮を刺激してしまうというわけです。

 

頭皮が乾燥していると紫外線ダメージを受けやすくなります。

 

人それぞれ皮脂の必要量が違いますが、シャンプー剤や間違った洗髪のやり方によって、その量が満たせないほど取り除いてしまったときは、頭皮を守る皮脂の力が弱くなった状態です。

 

そのうえで紫外線を浴びれば、その紫外線の影響で頭皮に炎症が起きることとなります。

 

 

 

 

 

頭から出る白いかさぶたは、ターンオーバーの周期が乱れることが原因と思われます。

 

肌の再生とは皮膚が生まれ変わる循環のことです。

 

表皮、真皮、皮下組織で皮膚といい、基底膜という内側の組織から新しい皮膚が生まれ、それが28日間で28日かけて表皮の最も外側にある角質になります。

 

この肌の循環の周期が短くなると新しい皮膚が未熟な状態で肌表面の角質になってしまいます。

 

未熟のため外部の刺激に耐える力が小さくなり乾燥し、敏感な肌になってしまうのです。

 

逆に循環の周期が長くなってしまうと肌に古くなった角質が残る期間が長いので、くすんだ肌に見えたり、ごわつく原因となります。

 

アトピー性皮膚炎は、この循環の周期が短すぎて、新しい皮膚が外部の刺激に弱く、かゆみなどの肌トラブルを起こします。

 

 

 

 

 

頭皮にニキビやできものができやすい人は、ストレスが溜まっていませんか?

 

ストレスは、皮脂の過剰分泌を誘発し、皮脂が過剰にあるとできものやニキビの原因になります。

 

ストレスは溜めこまずに生活することが大事というのが正論ですが、ストレスを溜めやすい人は発散のやり方がわからないという人が多いのも事実です。

 

誰でもストレスを発散できる方法なんて言うものは、残念ながらないですが、やはりストレスの元凶から離れること、考えないことが基本中の基本ですね。

 

ストレスの原因が、たとえば家の外であれば、自分だけの場所や時間を見つけることで離れやすいと思います。

 

自分の体形や性格など「自分自身」であれば、良くも悪くも割り切って認めることからスタートしてみませんか?

 

ストレスが原因のできものは、ストレスが小さくなるだけでも解消されやしので、ストレスをちょっとでも発散できる方法をぜひ探してみましょう。

 

 

 

 

 

page top