頭皮の痒みが強くブツブツもある場合は、国立感染症研究所によると疥癬(かいせん)というヒゼンダニが原因の病気かもしれません。

頭皮の痒みが強くブツブツもある場合は、国立感染症研究所によると疥癬(かいせん)というヒゼンダニが原因の病気かもしれません。

ふんや脱皮殻のアレルギー反応で痒みを覚えます。

 

 

人から人に感染するので、赤ちゃんでも頭や顔の湿疹ができます。

 

通常疥癬(つうじょうかいせん)よりも角化型疥癬(かくかがたかいせん)の場合が感染力が強いのですが、なんと痒くない症例もあり痒みで判断するよりも患部の見た目で判断する場合が多いです。

 

皮膚そう痒症(ひふそうようしょう)、アトピー性皮膚炎、虫刺され、皮脂欠乏性湿疹と症状が似ているので専門医ですら判断するのが難しく、素人ではほぼ無理です。

 

予防・対策のためにまず疑うことから始めるのが賢明です。

 

 

 

 

 

頭皮の痒みが、脂漏性皮膚炎と診断された場合、処方薬を塗る飲む以外に本人ができることは、清潔な頭皮を保つことです。

 

清潔にするためには、髪の汚れや余分な皮脂を洗い流し、洗髪の後はすぐに頭皮まで乾かします。

 

髪を濡らす前にブラッシングをして、そして温めのシャワーでしっかり濡らします。

 

これにより目に見えない皮脂や埃をだいぶ落とせます。

 

次に刺激の少ないシャンプーを手のひらで泡立たせて指の腹で頭皮を揉むように洗います。

 

頭皮に傷をつけないよう爪を立てたり、ガシガシ洗うのはやめましょう。

 

泡は十分なお湯を使ってきちんと洗い流します。

 

濡れた髪はドライヤーで、頭皮から乾かします。

 

ヘアドライヤーは、風量よりも髪にあたる温度に注意しましょう。

 

 

 

 

 

頭皮湿疹が赤いかゆいだけでは深刻な病気と思っていない人は、なかなか皮膚科に行こうとしない。

 

そもそも頭皮のにできる湿疹とは、空気の乾燥、皮脂の洗いすぎ、皮脂の洗い残し、汗によるかぶれなど様々なことをきっかけにして起こります。

 

フケや痒みについては、人の肌に常在するマラセチア菌が頭皮の皮脂を食べてその代謝産物が頭皮に刺激を与えて、炎症を起こすことです。

 

頭皮にブツブツの湿疹ができたときは、市販薬でも処方薬でもいずれにしても薬を使った方が短期間で完治できます。

 

治らないということはまずありません。

 

ただ大きいブツブツが治らないは、重篤な病気も疑いましょう。

 

 

 

 

 

頭皮にできものやニキビができている人は、ストレスが溜まっていませんか?

 

ストレスは皮脂を増やす原因となり、余分な皮脂はニキビやできものを作り出す原因となります。

 

ストレスは溜めこまずに発散することが大切というのが正論ですが、ストレスを溜めやすい人は発散がへたな人が多いのも事実です。

 

「この方法なら誰でも発散できる」なんて言うものは、残念ながらないですが、簡単な方法として、ストレスの原因からできるだけ離れること、そしてできるだけ考えないことが基本中の基本ですね。

 

ストレスの原因が、たとえば家の外であれば、その中でも誰にも干渉されない場所を見つけることで離れられると思います。

 

自分の体形や性格など「自分自身」であれば、割り切って受け入れることからスタートしてみませんか?

 

できものの原因がストレスの場合は、ストレスが小さくなるだけでも解消されやしので、ストレスをちょっとでも発散できる方法をぜひ探してみましょう。

 

 

 

 

 

page top