頭皮のニキビやできものの対策として、ヘアケアのやり方を見直すことも大切です。

頭皮のニキビやできものの対策として、ヘアケアのやり方を見直すことも大切です。

最初、洗髪をする前にブラッシングです。

 

 

次にぬるま湯でよくすすぎます。

 

そしてシャンプー剤は、手で泡を作ります。

 

シャンプー剤を直接つけるのではなく泡で洗うというイメージです。

 

できものがある個所は、特に気を付けて泡で洗いましょう。

 

健康な個所は、指の腹でマッサージをしながら洗っていいですね。

 

タオルドライは、髪の毛を押さえるように吸い取るイメージです。

 

その後に必ずドライヤーで頭皮と髪の毛を乾かします。

 

半乾きにしておくと、常在菌が増える原因になり、それはできものができやすいことを意味しますので、しっかりと乾かします。

 

トリートメントは、髪には良いですができものには良くありませんので、付け過ぎないように注意してください。

 

全て刺激物ですので、できものの個所には、付けないようにします。

 

 

 

 

 

頭皮湿疹やかさぶたがあるとき、その原因を明確にするのが大切です。

 

接触性皮膚炎なら原因物質との接触を避けるようにします。

 

頭皮湿疹の画像を見ると結構、痛々しいですよね。

 

シャンプー、カーリング剤、整髪料が原因かどうか疑うべきです。

 

皮脂欠乏性皮膚炎ならシャンプーのし過ぎで頭皮の最低限必要な皮脂さえもなくしている場合があり、臭いべたつきに注意しながらシャンプーの回数を減らすと良いでしょう。

 

また、ストレスのため免疫力が弱くなり、皮膚が過敏になることで、痒みや湿疹を発症する場合もあります。

 

原因に見当がつかなく、治し方がわからないならば、専門の医療機関を受診することで医師のアドバイスをもらいましょう。

 

そうしないとドラッグストアの市販薬では永遠に治らず、かゆみなしというわけにはいきません。

 

子供が頭かゆいとか痛いとか言うときがありますが、まさか抜け毛になるなんてことあるのでしょうか?

 

 

 

 

 

頭にできるニキビは、余分な脂が頭皮の毛穴に詰まることが原因で発症する炎症のため皮膚の再生サイクルを正常にすることが必要です。

 

同時に外からの刺激に耐えられる健康な皮膚にすることが大切です。

 

そのために意識すべきことは、次の通りです。

 

ストレスをなくす、インスタント食品など脂質過多にしない、タバコを止める、アルコールはほどほどに、よく眠る、頭皮をきれいに保つ、頭皮に優しい洗髪をする。

 

以上です。

 

総じていえば規則正しい生活の上、頭皮を優しくケアすることが大事ということです。

 

 

 

 

 

頭皮にブツブツと湿疹ができることが特に痛くないと特に痛くないと病気としてとらえない人は、焦って病院の診察を受けようとしない。

 

そもそも頭皮のブツブツは、空気の乾燥、皮脂の洗いすぎ、皮脂の洗い残し、汗によるかぶれなどいろいろなことが原因になって起こります。

 

頭皮が痒かったり、フケが落ちたりするのは、人の肌に常在するマラセチア菌が頭皮の皮脂を食べて排せつ物が頭皮を刺激し、炎症を起こすことです。

 

頭皮にブツブツの湿疹ができたときは、市販薬でも処方薬でもいずれにしても薬を使った方が短期間で完治できます。

 

治らないことは、ほぼありません。

 

ただ大きいブツブツが治らないは、重篤な病気も疑いましょう。

 

 

 

 

 

page top