頭皮のニキビやできものの対策として、ヘアケアのやり方を見直す必要もあります。

頭皮のニキビやできものの対策として、ヘアケアのやり方を見直す必要もあります。

最初、洗髪をする前にブラッシングをします。

 

 

シャンプー剤を付ける前にはぬるま湯でよくすすぎます。

 

そのうえでシャンプー剤を付けますが、手で泡を作ります。

 

シャンプー剤を直接つけるのではなく泡で洗うというイメージです。

 

できものがある個所は、特に気を付けて泡で洗いましょう。

 

それ以外の個所は、指の腹で優しくマッサージをするのはいいですね。

 

タオルドライは、髪の毛を押さえるように水分を吸い取るようにしましょう。

 

後は、ドライヤーを使って頭皮と髪の毛を乾かします。

 

半乾きにしておくと、雑菌が繁殖しやすく、できものができやすい状態ですので、しっかりと乾かします。

 

トリートメントは、髪には良いですができものには良くありませんので、付け過ぎないように注意してください。

 

全て刺激物ですので、できものの個所には、付かないことに越したことはありません。

 

 

 

 

 

頭ににきびができてしまうのは、過剰や皮脂の分泌やターンオーバーの異常などのため毛穴を皮脂や古い角質がふさぎ、それらが毛穴に残ってしまって発症します。

 

ふさがってしまった毛穴の中で、常駐している菌(アクネ菌)が古い角質や皮脂を栄養として増殖し、その過程で毛穴が炎症を起こして、それがニキビという疾患になります。

 

頭ににきびができる過程は顔と同じですが、頭皮の方が皮脂腺が集まっていて皮脂量も多いので、アクネ菌が活性化しやすいためにきびができやすい条件となっています。

 

また、頭は髪が多いので、皮脂や角質などの汚れがたまりやすくかゆみや痛みを放置しておくと膿になったり、患部はさらに悪化する危険もあります。

 

 

 

 

 

頭にできるニキビは、余分な脂が頭皮の毛穴に詰まることが原因で発症する炎症のため皮膚のターンオーバーを正常にすることが必要です。

 

同時に外からの刺激に耐えられる健康な皮膚にすることが重要です。

 

それを実現するためにできることをお話しします。

 

ストレス軽減、脂質の多い食事を減らす、たばこの本数を減らす、飲酒量を減らす、よく眠る、頭皮を清潔にする、頭皮にきび予防のシャンプーを使う。

 

以上です。

 

総じていえば生活習慣を見直して、頭皮を優しくケアすることがとても大切ということです。

 

 

 

 

 

健康な頭皮に痒みは起こらないので、痒みがあるということは、頭皮が不健康な状態になっていると認識して良いでしょう。

 

頭皮のかゆみは、頭皮や空気の乾燥とその逆の皮脂の過剰分泌、紫外線などによるダメージなど、いくつか原因があります。

 

いずれも頭皮のトラブルで髪の毛の成長を妨げるため、その先には、抜毛症につながることもあります。

 

それに汗をかくことも合わさって掻き、そして傷がつき、そのせいでまた痒くなる、という痒みのサイクルに陥ることもあります。

 

頭皮のかゆみが続くならば、原因を明確にしなければなりません。

 

対策を行う必要があります。

 

抜毛にならないよう最善を尽くしましょう。

 

 

 

 

 

page top