頭皮のできもの対策は、ヘアケアのやり方を見直す必要もあります。

頭皮のできもの対策は、ヘアケアのやり方を見直す必要もあります。

最初、洗髪をする前にブラッシングをします。

 

 

次にぬるま湯ですすぎ、十分に濡らします。

 

そのうえでシャンプー剤を付けますが、掌でしっかりと泡立て、シャンプー剤を直接つけるのではなく泡で洗うというイメージです。

 

できものがある個所は、なおさら泡で洗うよう徹底してください。

 

それ以外の個所は、指の腹で優しくマッサージをするのは良いでしょう。

 

タオルドライは、髪の毛を押さえるように水分を吸い取るようにしましょう。

 

その後に必ずドライヤーを使って髪の毛と頭皮をしっかり乾かします。

 

半乾きにしておくと、雑菌が繁殖しやすく、できものができやすい状態ですので、それを防ぐために乾かします。

 

トリートメントは、髪には良いですができものには良くありませんので、付け過ぎ厳禁です。

 

全て刺激物ですので、できものの個所には、付けないようにします。

 

 

 

 

 

頭皮のかゆみは健康な頭皮には起こらないので、痒みがあるということは、頭皮環境が崩れていると考えられます。

 

頭皮が痒いのは、頭皮や空気の乾燥とその逆の皮脂の過剰分泌、紫外線などによるダメージなど、原因は様々です。

 

いずれも頭皮のトラブルで髪の毛の成長を妨げるため、その先には、抜毛症になります。

 

はげないとは言い切れません。

 

それに汗をかくことも合わさって掻き、そして傷がつき、傷がもとで痒くなるという痒みのサイクルに陥ることもあります。

 

頭皮のかゆみが続くならば、皮膚科などで原因を特定してそのうえで、適切な治療を選択します。

 

抜毛にならないよう注意しましょう。

 

 

 

 

 

湿疹が頭皮にできたときは、その原因を明確にするのが大切です。

 

接触性皮膚炎なら原因物質との接触を避けるようにします。

 

頭皮湿疹の画像を見るとなかなか直視できないです。

 

シャンプー、整髪料、カラーリング剤などを疑ってみましょう。

 

皮脂欠乏性皮膚炎ならシャンプーのし過ぎで頭皮の最低限必要な皮脂さえもなくしている場合があり、臭いべたつきに注意しながら頭を洗う頻度を減らすと良いでしょう。

 

また、ストレスのため免疫力が弱くなり、皮膚が刺激を受けやすくなり、痒みや湿疹を発症する場合もあります。

 

原因に見当がつかなく、治し方も不明の場合は、皮膚科医を受診して医師のアドバイスをもらいましょう。

 

そうしなければドラッグストアの市販薬では永遠に治らず、かゆみなしの状態にはなりません。

 

子供が頭かゆいとか痛いとか言ったならば、まさか抜け毛になるなんてことあるのでしょうか?

 

 

 

 

 

「できもの」が頭皮にできた際、最も重要なのは、触れないということです。

 

痒いならなおさらです。

 

できものがあると、とくにいぼなどは気になって、つい触ってしまいがちです。

 

頭皮にできた「できもの」は、まず直接見ることはできません。

 

しっかりと観察できないから指先を使って確認せざるを得なくなります。

 

ただし、繰り返しになりますが、「できもの」は頭皮に限らず、指で触ってはいけません。

 

なぜなら多くの雑菌が指先に常在しているからです。

 

指先はもちろん健康な肌であれば、見えない雑菌を恐れることはありません。

 

でも患部に大量の雑菌が付けば、それにより症状が悪化する可能性が高くなります。

 

ですので、イボも含めて「できもの」には触らないことが最低限必要なこととなります。

 

 

 

 

 

page top