頭皮のかゆみは健康な頭皮には出ないので、逆に言えば、痒みがあるということで頭皮が不健康な状態になっていると考えられます。

頭皮のかゆみは健康な頭皮には出ないので、逆に言えば、痒みがあるということで頭皮が不健康な状態になっていると考えられます。

頭皮のかゆみは、頭皮や空気の乾燥とその逆の皮脂の過剰分泌、菌やダニ、紫外線など原因は様々です。

 

 

いずれも頭皮のトラブルで髪の毛の成長を妨げるため、その先には、抜毛症になります。

 

はげないとは言い切れません。

 

それに汗をかくことも合わさって掻き、そして傷がつき、そのせいでまた痒くなる、という痒みのサイクルに陥ることもあります。

 

頭皮のかゆみが続くならば、原因を明確にしなければなりません。

 

そのうえで、適切な治療を選択します。

 

抜け毛まで発症させないように最善を尽くしましょう。

 

 

 

 

 

顔にできるにきびと頭皮にきびは、どのように違いがあるでしょう。

 

痛い思いをするのは同じでもにきび原因や治し方など治りにくいと悩みがある人には、気になるかもしれません。

 

知らない人が多いと思われるのは、顔にできるニキビと頭皮にあるにきびは、医学上は同じです。

 

顔面と頭皮、原因はどちらも余分な皮脂が毛穴で詰まったせいです。

 

顔でも頭でも肌のケアが悪いと赤く吹き出ます。

 

頭の場合、毛穴がたくさんあって皮脂の分泌が盛んです。

 

また、顔よりも長い髪にしている人が多く、顔面のにきびほど気づきにくいので、対処がおざなりになりがちです。

 

そのような理由で、頭にできるニキビは治らないという印象が強いかもしれません。

 

 

 

 

 

頭皮湿疹や痒みの防止は、薄毛対策になります。

 

痒みがあるということは、頭皮に何らかのトラブルがあると(症例は画像検索して参照してください)考えられますので、頭皮のかゆみを放っておくともっとひどくなり、抜け毛が目立ち始めると薄毛になってしまう危険があります。

 

それは子供でも同じで、治し方を間違えると痛い・かゆいが治らないこともありました。

 

ただし、痒みのケース全てが薄毛になるというわけではありませんが、かさぶたからのフケがある痒みの原因として頭皮の過剰な皮脂や乾燥、ストレスの姓で自律神経が乱れること間違ったシャンプーなどがあり、結果的に薄毛を引き起こすこともあるので、注意が必要ですね。

 

市販薬でかゆみなしとなっても痒みを軽く考えず、様子を見て専門の医療機関で診察してもらいましょう。

 

 

 

 

 

頭皮に脂漏性皮膚炎がかさぶたができた際、療養のポイントは頭皮保湿と洗髪です。

 

頭皮湿疹の画像を見ると結構ひどい見た目でかゆみなしとは思えないですが、治し方の定番として皮膚科の受信は外せないですね。

 

治らないときには、ストレスをなくすことや薬も必要です。

 

キチンとしているつもりでも頭皮を守る役目のある皮脂を必要以上の取り過ぎが原因になっているよう見受けられます。

 

全身のうち頭皮は、皮脂腺と汗腺が非常にたくさんあり、分泌も活発です。

 

特に皮脂腺は、最も多いです。

 

顔の中でも多いTゾーンの2倍以上です。

 

頭皮も顔のお肌も皮膚としての構造は同じなので、頭皮に発症したトラブルは、まさに肌トラブルと同じと考えた方が良いでしょう。

 

つまり、シャンプー剤は顔にも使えること、頭皮の皮脂に優しくすることに注意しましょう。

 

子供でさえかゆいや痛いというなら抜け毛の心配が必要です。

 

 

 

 

 

page top