頭皮に赤い部分があるときの原因として考えられるのは、まずはシャンプーです。

頭皮に赤い部分があるときの原因として考えられるのは、まずはシャンプーです。

シャンプーと言えば、汚れを洗い流す力を当然持っていますが、洗う力が強いと言われる商品にはほとんどの場合、硫酸系の成分を利用しています。

 

 

○○硫酸は、高い洗浄力を誇りますが、必要以上に頭皮の油分も水分も取り除いてしまい、頭皮には大きな弊害を与えることがあります。

 

そのようなシャンプーは継続して利用すると頭皮の免疫力が落ちて炎症が発症するきっかけになって頭皮が赤くなります。

 

一方、頭皮に優しいと言われるアミノ酸系シャンプーでも無条件には安心できません。

 

その洗浄成分には様々なタイプがあって、皮膚と相性の良し悪しがあります。

 

頭皮が赤い人は、シャンプーをしっかり見極めて使いましょうね。

 

相性が良さそうなシャンプーを選んだあとは、洗髪の方法にも注意します。

 

ガリガリと力を入れたり、爪を立てたり、過度な力と刺激を頭皮に与えるやり方は、絶対にいけません。

 

また、シャンプー剤を直接頭皮に付けるとか、すすぎが中途半端でシャンプー剤も汚れも残してしまうと頭皮に炎症ができてしまう原因になるでしょう。

 

 

 

 

 

頭皮のニキビやできものの対策として、ヘアケアのやり方を見直す必要もあります。

 

最初、洗髪をする前にブラッシングです。

 

次にぬるま湯でよくすすぎます。

 

そしてシャンプー剤は、掌でしっかりと泡立て、シャンプー剤を直接つけるのではなく泡で洗うというイメージです。

 

できものがある個所は、なおさら泡で洗うよう徹底してください。

 

それ以外の個所は、指の腹でマッサージをしながら洗っていいですね。

 

タオルドライは、髪の毛を押さえるように吸い取るイメージです。

 

その後に必ずドライヤーで頭皮と髪の毛を乾かします。

 

半乾きにしておくと、雑菌が繁殖しやすく、それはできものができやすいことを意味しますので、それを防ぐために乾かします。

 

トリートメントは、髪には良いですができものには良くありませんので、付け過ぎないように注意してください。

 

全て刺激物ですので、できものの個所には、付かないことに越したことはありません。

 

 

 

 

 

質の高い睡眠は、免疫力を向上させ、肌のターンオーバーを促す成長ホルモンを分泌させやすくなります。

 

免疫力工場は、ニキビやできものができにくくなり、肌の再生サイクルが正常であれば、ニキビやできものができても治りやすい肌にします。

 

それでは、睡眠の質を上げるためにできることはご存知ですか?

 

すぐにでも実行可能な、効果が期待できる心がけがありますので、お伝えしましょう。

 

マットレスや枕は体に合ったものをを選ぶこと。

 

寝るときと睡眠中は暗く静かにすること。

 

寝る直前にパソコンやタブレット・スマホのディスプレイのブルーライトを浴びないこと。

 

寝る前2時間は食事をしないこと。

 

入浴をするなどして寝るときに体を温めておくこと。

 

このような心掛けでよく眠ることができますので、質の高い睡眠になります。

 

 

 

 

 

頭皮にニキビができる原因は、皮脂が余分に分泌されてしまうことやターンオーバーの異常などのため古い角質や皮脂が毛穴をふさいで、毛穴にそれらが留まってしまうことで発症します。

 

ふさがってしまった毛穴の中で、常駐している菌(アクネ菌)が古い角質や皮脂を栄養として増殖し、その過程で毛穴が炎症を起こして、それがニキビという疾患になります。

 

頭ににきびができる過程は顔と同じですが、頭の方が皮脂腺が集まっていてたくさん皮脂量があるので、活発なアクネ菌のためにきびになりやすい環境になっています。

 

また、頭皮は髪に覆われていることから皮脂や角質などの汚れがたまりやすく痛みやかゆみを放置しておくと膿になったり、もっと悪化する場合もあります。

 

 

 

 

 

page top