頭皮にブツブツと湿疹ができることが特に痛くないと深刻な病気と思っていない人は、

頭皮にブツブツと湿疹ができることが特に痛くないと深刻な病気と思っていない人は、

なかなか皮膚科に行こうとしない。

 

 

そもそも頭皮のブツブツは、汗によるかぶれ、皮脂の洗い残し、皮脂の洗いすぎ、空気の乾燥などいろいろなことが原因になって発症します。

 

フケや痒みについては、人の肌に常在するマラセチア菌が頭皮の皮脂を食べてその代謝産物が頭皮に刺激を与えて、炎症を起こすことです。

 

頭皮にブツブツの湿疹ができたときは、ドラッグストアや薬屋で変える薬でも処方薬でも薬で対処する方が短期間で完治できます。

 

治らないことは、ほぼありません。

 

ただ大きいブツブツが治らないは、重篤な病気も疑いましょう。

 

 

 

 

 

頭ににきびができてしまうのは、皮脂が余分に分泌されてしまうことやターンオーバーの異常などのため古い角質や皮脂が毛穴をふさいで、それらが毛穴に残ってしまって発症します。

 

蓋をされた状態の毛穴では、常駐している菌(アクネ菌)が古い角質や皮脂を餌として増殖し、その過程で毛穴が炎症を起こして、それがニキビという疾患になります。

 

頭ににきびができる過程は顔と同じですが、頭の方が皮脂腺が集まっていて皮脂量も多いので、アクネ菌が活性化しやすいためにきびができやすい条件となっています。

 

また、頭皮は髪に覆われていることから皮脂や角質などの汚れがたまりやすく痛みやかゆみを放置しておくと膿となり、もっと悪化する場合もあります。

 

 

 

 

 

頭皮のニキビやできものの対策として、ヘアケアのやり方を見直す必要もあります。

 

最初、洗髪をする前にブラッシングです。

 

シャンプー剤を付ける前にはぬるま湯でよくすすぎます。

 

そしてシャンプー剤は、掌でしっかりと泡立て、シャンプー剤を直接つけるのではなく泡で洗うというイメージです。

 

できものやニキビができている箇所は、特に気を付けて泡で洗いましょう。

 

それ以外の個所は、指の腹でマッサージをしながら洗って良いでしょう。

 

タオルドライは、髪の毛を押さえるように吸い取るイメージです。

 

その後に必ずドライヤーを使って髪の毛と頭皮をしっかり乾かします。

 

半乾きにしておくと、常在菌が増える原因になり、できものができやすい状態ですので、それを防ぐために乾かします。

 

トリートメントは、髪には良いですができものには良くありませんので、付け過ぎないように注意してください。

 

全て刺激物ですので、できものの個所には、付かないことに越したことはありません。

 

 

 

 

 

ニキビやできものが頭皮にできた場合、最初に試す価値があるのは、いつものシャンプーをできるだけ刺激の小さいシャンプーに交換することです。

 

ニキビなどのできものがある頭皮では、刺激物などの負担を極力なくす必要があります。

 

シャンプー剤が頭皮への負担の原因になっているかどうか確認するため、刺激の小さなシャンプーに変えて、洗髪の回数を減らしてみます。

 

たとえば、毎日シャンプーをしていたならば、1日おきなどにします。

 

低刺激シャンプーに変え、洗髪回数を減らしても改善しないようならば、接触性皮膚炎を疑います。

 

なお、低刺激のシャンプーといえば、代表的なのはアミノ酸系のシャンプーです。

 

洗浄力が高い「〜〜硫酸」とか「〜〜スルホン酸」などの成分が含まれず、汚れが落としながらも何より頭皮への刺激が小さいです。

 

__頭皮は白いのが当たりまえってご存知ですか?

 

逆に赤い頭皮はトラブルが起きているかもしれません。

 

頭皮が赤いということは血流が悪い事を意味し、それは頭皮に問題を引き起こす原因になります。

 

たとえば顔色の場合、運動をしたり入浴で毛細血管が刺激されて広がり赤くなります。

 

でも頭皮の場合は事情が違います。

 

というのは、頭皮は一番てっぺんにありまた血管が細いし、血行が悪いため白いわけです。

 

ですから運動や入浴をしていない通常時に頭皮が赤いということは、血行不良で皮膚が異常な状態にあると言えます。

 

 

 

 

 

page top