頭皮にブツブツと湿疹ができることが赤いかゆいだけでは深刻な病気と思っていない人は、

頭皮にブツブツと湿疹ができることが赤いかゆいだけでは深刻な病気と思っていない人は、

なかなか皮膚科に行こうとしない。

 

 

そもそも頭皮のブツブツは、汗によるかぶれ、皮脂の洗い残し、皮脂の洗いすぎ、空気の乾燥など様々なことをきっかけにして起こります。

 

頭皮が痒かったり、フケが落ちたりするのは、頭皮の常在菌が皮脂を分解して、その代謝産物が頭皮に刺激を与えて、炎症を起こすことです。

 

頭皮にブツブツの湿疹ができたときは、市販薬でも処方薬でもいずれにしても薬を使った方が短期間で完治できます。

 

治らないことは、ほぼありません。

 

ただ大きいブツブツが治らないは、重篤な病気も疑いましょう。

 

 

 

 

 

頭皮湿疹や痒みの防止は、薄毛対策になります。

 

頭皮のかゆみは、頭皮のトラブルが(トラブル例はネットでの検索画像を参照)思われるので、頭皮のかゆみを放っておくとますます状況が悪くなって、抜け毛が目立ち始めると薄毛になるケースがあります。

 

それは子供でも同じで、治し方を間違えるとかゆい痛いが治らない事例もありました。

 

もちろん、頭皮のかゆみがすべて薄毛に直結ということではないですが、かさぶたからのフケがある痒みの原因として頭皮の過剰な皮脂や乾燥、ストレスや自律神経の乱れ、間違ったシャンプーなどがあり、それらは薄毛を引き起こすこともあるので、注意が必要ですね。

 

市販薬を使ってかゆみなし状態になってもたかがかゆみと軽視しないで、何日か続く場合は皮膚科を受診しましょう。

 

 

 

 

 

頭皮にできものやニキビができている人は、ストレスが溜まっていませんか?

 

ストレスは皮脂を増やす原因となり、皮脂が過剰にあるとできものやニキビの原因になります。

 

そのことからストレスは溜めないで、発散することが大切というのが理屈ですが、実は、ストレスを溜めこみやす人は発散がへたな人が多い傾向でもあります。

 

「この方法なら誰でも発散できる」なんて言うものは、残念ながらないですが、簡単な方法として、ストレスの原因から離れること、考えないことが基本中の基本ですね。

 

ストレスの元凶が「職場や学校」や「他人」などであれば、自分だけの場所や時間を見つけることで離れやすいと思います。

 

家の中や自分自身の場合は、割り切って受け入れることから始めますかね。

 

ストレスが原因のできものは、ストレスが小さくなればなるほど改善が期待できますので、自分なりのストレス発散の方法をぜひ探してみましょう。

 

 

 

 

 

頭皮が赤い症状というのは、つまり頭皮に炎症が発症していることも考えられ、具合によってはご自身の努力だけでは治らない可能性もゼロではありません。

 

もちろん治るか治らないか、それすらも正しく判断できない可能性もあるので、やはり病院の専門医の診察または治療を受けることを考えた方が良いでしょう。

 

頭皮が赤い、できものがあったり、痒い、かゆくないけど痛い等の炎症の種類は、アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、乾皮症皮脂欠乏症湿疹などがあります。

 

素人判断で症状が悪化しないようにそれぞれの症状に最適な治療をするようにしましょう。

 

 

 

 

 

page top