頭皮にニキビなどのできものができてしまったらまず最初にすることはいつものシャンプーを低刺激シャンプーに変えることです。

頭皮にニキビなどのできものができてしまったらまず最初にすることはいつものシャンプーを低刺激シャンプーに変えることです。

できものができてしまった頭皮からできるだけ負担を取り除く必要があります。

 

 

シャンプー剤が頭皮への負担の原因なのか確認するため、刺激の小さなシャンプーに変えて、洗髪の回数を減らしてみます。

 

たとえば、毎日シャンプーをしていたならば、1日おきなどにします。

 

低刺激シャンプーに変え、洗髪回数を減らしても改善しないようならば、接触性皮膚炎などの病気の可能性もあります。

 

なお、低刺激というのは硫酸とかスルホン酸などの成分が含まれていないシャンプーです。

 

洗浄力が高い「〜〜硫酸」とか「〜〜スルホン酸」などの成分が含まれず、汚れが落としながらも何より頭皮への刺激が小さいです。

 

__男性でも女性でも生え際が心配で、ハゲるだのハゲただの気が重くなりますね。

 

(花王のキュレルはおすすめとも聞きますが)頭皮にかさぶたとニキビができて痛い・かゆいときの治し方は原因をなくすことが大切で、少なくても頭皮を清潔(画像)にすることですので、洗髪には注意が必要です。

 

たとえば、頭痛があってフケだらけなら市販薬では治らないケースがほとんどで、そのケースでの原因は、ストレスの可能性もあります。

 

頭皮ニキビができてしまった、またはできやすい人は、洗髪のやり方を見直しましょう。

 

大切なことは、成分に関係なく洗髪の時のシャンプー市販を直接地肌につけないこと、毛穴に詰まった汚れはしっかりとること、地肌に爪を立てず指の腹で洗うこと、また洗髪の時のシャンプーは毛穴に残らないようにすすぎをしっかりやって終わらせることです。

 

シャンプー後は、髪を生乾きにしないことが大切です。

 

 

 

 

 

『かゆみ虫刺されにムヒ』でお馴染みの池田模範堂が、20〜60代の男女10000人にアンケートを取った際の結果のお話しです。

 

「頭がかゆくなることがある」が56%、「一年中痒い」が42%、痒いときどうするかの問いには、「掻く」53%、「何もしない」21%、「シャンプー」40%、「市販薬を使う」6%、「病院からの処方薬を使う」5%だったそうです。

 

やっぱり痒いときは、半数以上の人が掻いてしまうのですね。

 

ただし、掻いたときは少しでも気持ちがいいかもしれませんが、肌を傷つけて悪化させてしまう危険があるので、気を付けなかればなりません。

 

 

 

 

 

頭皮湿疹や頭皮のかゆみを防ぐことは、薄毛の対策につながります。

 

頭皮のかゆみは、頭皮のトラブルが(症例は画像検索して参照してください)考えられますので、頭皮のかゆみを放っておくともっとひどくなり、抜け毛、ひいては薄毛になるケースがあります。

 

子供でも同様に治し方を間違えるとかゆい痛いが治らない事例も考えられます。

 

もちろん、頭皮のかゆみがすべて薄毛になるというわけではありませんが、かさぶたを伴うかゆみの原因は頭皮の過剰な皮脂や乾燥、ストレスや自律神経の乱れ、刺激が強すぎるシャンプー剤などが考えられ、それらは薄毛を発症させることもあるので、注意しましょう。

 

市販薬でかゆみなしとなっても痒みを軽く考えず、様子を見て専門の医療機関で診察してもらいましょう。

 

 

 

 

 

質の高い睡眠は、免疫力がアップします。

 

それと肌の再生サイクルに影響のある成長ホルモンが分泌されやすくなります。

 

免疫力工場は、できものやニキビができにくい肌にし、正常なターンオーバーは、万が一、ニキビができても治りやすくなります。

 

では、質の高い睡眠のためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

今日からできることがいくつかありますので、ご紹介します。

 

体に適度にフィットする枕やマットレスを選びます。

 

寝るときと睡眠中は暗く静かにすること。

 

寝る直前にパソコンやタブレット・スマホのディスプレイのブルーライトを浴びないこと。

 

寝てる間に胃の消火活動させないよう、寝る前は何も食べないようにします。

 

入浴をするなどして寝るときに体を温めておくこと。

 

このような心掛けでよく眠ることができますので、質の高い睡眠になります。

 

 

 

 

 

page top