頭皮にニキビなどのできものができてしまったらまず最初にすることは現在使っているシャンプーをできるだけ刺激の小さいシャンプーに交換することです。

頭皮にニキビなどのできものができてしまったらまず最初にすることは現在使っているシャンプーをできるだけ刺激の小さいシャンプーに交換することです。

ニキビなどのできものがある頭皮では、できるだけ負担を取り除く必要があります。

 

 

シャンプー剤が頭皮への負担の原因になっているかどうか探るために低刺激シャンプーに変え、回数を減らします。

 

具体的には一日に2回シャンプーをしていれば、二日に1回にしてみます。

 

低刺激シャンプーに変え、洗髪回数を減らしても改善しないようならば、接触性皮膚炎などの病気の可能性もあります。

 

なお、低刺激のシャンプーといえば、代表的なのはアミノ酸系のシャンプーです。

 

強い洗浄成分が含まれていませんが、汚れは適度に落ち、何より頭皮への刺激が小さいです。

 

__ご参考までに痒みのメカニズムのお話しです。

 

まず、痒みのもとは「ヒスタミン」で、通常時は非活性ですが、肌が傷がつくなどをきっかけに動き出す物質です。

 

炎症が起きている皮膚の中では、「マスト細胞(ヒスタミンなどを含んでいます)」がたくさん集まっている「炎症細胞」が見られます。

 

ヒスタミンはマスト細胞から排出され、炎症を悪化させる物質は炎症細胞が生み出しています。

 

それらの物質が「かゆみ神経」を刺激することで人はかゆみを感じます。

 

ということで、炎症が治らないと痒みは繰り返されるというメカニズムです。

 

 

 

 

 

脂漏性皮膚炎で頭皮湿疹になった時、療養のポイントは頭皮保湿と洗髪です。

 

頭に発症した脂漏性皮膚炎の画像は、結構ひどい見た目でまさかかゆみなしではないでしょうが、治し方の定番として皮膚科に入ったのでしょうか?

 

治らないときには、ストレスのチェックや市販薬の利用も考えます。

 

キチンとしているつもりでも頭皮を守る役目のある皮脂を取り過ぎていることが原因になることが多いです。

 

全身のうち頭皮は、皮脂腺と汗腺が非常にたくさんあり、分泌も活発です。

 

頭皮の皮脂腺については、体の中で頭皮が一番多く顔の中でも多いTゾーンの2倍以上です。

 

頭皮も顔のお肌も皮膚としての構造は同じなので、頭皮のトラブルもそれ以外の肌のトラブルも同じだと認識しましょう。

 

つまり、シャンプー剤は顔にも使えること、皮脂を摂り過ぎないようにしましょう。

 

子供であってもかゆいや痛いというなら将来の抜け毛も心配せざるを得ないでしょう。

 

 

 

 

 

頭がかゆくなる原因として、脂漏性皮膚炎があります。

 

脂漏性皮膚炎とは、皮脂の分泌が多すぎると発症する炎症です。

 

人の肌には、健康な皮膚にするための常在菌、不必要な常在菌(マラセチア菌など)がいます。

 

マラセチア菌は、皮脂を餌として遊離脂肪酸を排出します。

 

頭皮は、遊離脂肪酸の刺激によって炎症を起こす原因となるわけです。

 

また皮膚はその刺激に対する防衛反応によって皮脂の分泌が増え、増えた皮脂をマラセチア菌がまた分解するという痒みの悪循環となります。

 

 

 

 

 

頭のケアは、シャンプーと保湿が大切です。

 

洗髪は、皮脂を取り除くことに一生懸命になりがちですが、頭皮も顔と同じくべたつきも乾燥もあります。

 

痒みが出るときもあるので、無意識に掻いては治まりの繰り返しで、結果、頭皮に固い部分ができてしまいます。

 

酷いときは、ネットで検索できるような画像と同じように症状が進行します。

 

頭皮にかさぶたや湿疹がある場合、市販薬での治し方もありますが、かゆみなしかどうかによっても違います。

 

ストレスが原因かもしれませんし。

 

皮膚科の受診も検討した方が良さそうです。

 

後頭部に炎症ができてなかなか治らないという場合は、患部と枕カバーがこすれ合うことで、それが原因になることがあります。

 

枕カバーは清潔さを持続して、肌に優しいシャンプーで洗髪してください。

 

案外見過ごせないのは抜け毛がある子供です。

 

痛いとかかゆい等言っていないか注意しましょう。

 

 

 

 

 

page top