頭皮にニキビができる原因は、過剰や皮脂の分泌や肌再生に支障が起きてしまうなどで古い角質や皮脂が毛穴をふさいで、

頭皮にニキビができる原因は、過剰や皮脂の分泌や肌再生に支障が起きてしまうなどで古い角質や皮脂が毛穴をふさいで、

それらが毛穴に残ってしまって発症します。

 

 

ふさがってしまった毛穴の中で、常駐している菌(アクネ菌)が古い角質や皮脂を餌として増殖し、それにより毛穴を中心に炎症となって、それがニキビという疾患になります。

 

頭皮のにきびが発症するメカニズムは顔と同じですが、頭皮の方が皮脂腺が集まっていてたくさん皮脂量があるので、活発なアクネ菌のためにきびになりやすい環境になっています。

 

また、頭皮は髪に覆われていることから角質や皮脂など汚れが付きやすくかゆみや痛みを放置しておくと膿になったり、患部はさらに悪化する危険もあります。

 

 

 

 

 

頭にできるニキビは、皮脂が頭皮の毛穴に詰まることが原因で起こる炎症ですから皮膚のターンオーバーを正常にすることが大切です。

 

また外からの刺激に耐えられる健康な皮膚にすることが大切です。

 

それを実現するためにできることをお話しします。

 

ストレス軽減、インスタント食品など脂質過多にしない、タバコを止める、飲酒量を減らす、よく眠る、頭皮をきれいに保つ、頭皮にきび予防のシャンプーを使う、等です。

 

総じていえば規則正しい生活の上、頭皮を優しくケアすることが大事ということです。

 

 

 

 

 

頭皮の赤みの原因として考えられるのは、最初に疑うのはシャンプーです。

 

シャンプーと言えば、汚れを洗い流す力を当然持っていますが、洗浄力の高いシャンプーはほとんどの場合、○○硫酸の言う名前の成分が含まれています。

 

硫酸系の成分は、高い洗浄力を誇りますが、必要以上に頭皮の油分も水分も洗い流してしまって、頭皮環境にダメージを与えることがあります。

 

そういったシャンプーを継続して利用すると頭皮は外部の刺激に耐える力が弱まり、炎症を引き起こし、赤い部分が生まれます。

 

硫酸系の成分を含まないアミノ酸系のシャンプーでさえ、問題がないこともないです。

 

アミノ酸系の成分にもいろいろ性質が違うので、頭皮との相性に影響します。

 

口コミなどを参考にシャンプーをしっかり見極めて使いましょうね。

 

自分に合うシャンプー剤を選べたら洗髪の方法にも注意します。

 

ガリガリと力を入れたり、爪を立てて洗ったりなど、過度な力と刺激を頭皮に与えるやり方は、絶対にいけません。

 

それに頭皮に直接シャンプーを付けたり、シャンプー後のすすぎが不十分で汚れだけでなくシャンプー剤を残してしまうと頭皮に炎症を起こす原因なるでしょう。

 

 

 

 

 

男性でも女性でも生え際が心配で、ハゲるだのハゲただの気が重くなりますね。

 

(花王キュレルをおすすめするサイトが多いですが)頭皮にかさぶたと痛いかゆい頭皮ニキビの治し方は原因をなくすことが大切で、まずは頭皮をきれい(画像)にすることですので、そのためシャンプーは必須です。

 

たとえば、頭痛があってフケだらけなら市販薬では治らないケースがほとんどで、その場合は、ストレスが原因かもしれません。

 

頭皮にニキビがたくさんできた、あるいはたくさん赤いポチポチがある人は、洗髪のやり方を見直しましょう。

 

大事なことは、成分に関係なく洗髪の時のシャンプー市販を頭皮に直接つけないこと、毛穴に詰まった汚れはしっかりとること、頭皮は指の腹でマッサージするように洗うこと、また洗髪の時のシャンプーは毛穴に残らないように十分にすすいで終わらせることです。

 

シャンプー後は、髪を生乾きにしないことが大切です。

 

 

 

 

 

page top