頭皮にできものやニキビができている人は、ストレスを溜めやすい人です。

頭皮にできものやニキビができている人は、ストレスを溜めやすい人です。

ストレスは、皮脂の過剰分泌を誘発し、余分な皮脂はニキビやできものを作り出す原因となります。

 

 

ストレスは溜めこまずに生活することが大事というのが正論ですが、実は、ストレスを溜めこみやす人は発散のやり方がわからないという人が多い傾向でもあります。

 

「この方法なら誰でも発散できる」というのはありませんが、やはりストレスの元凶からできるだけ離れること、そしてできるだけ考えないことが基本になります。

 

ストレスの原因が、「職場や学校」や「他人」などであれば、その中でも誰にも干渉されない場所を探し出すことで離れられると思います。

 

家の中や自分自身の場合は、良くも悪くも割り切って認めることから始めますかね。

 

できものの原因がストレスの場合は、ストレスが小さくなればなるほど改善が期待できますので、ストレスをちょっとでも発散できる方法を探してみませんか?

 

 

 

 

 

かゆみ止め薬ムヒのメーカーが20代から60代の男性と女性、合わせて最大1万人に行ったアンケートによると「頭がかゆくなることがある」が56%、「一年中痒い」が42%、痒いときどうするかの問いには、「掻く」53%、「何もしない」21%、「シャンプー」40%、「市販薬を使う」6%、「病院からの処方薬を使う」5%だったそうです。

 

やっぱり痒いときは、半数以上の人が掻いてしまうのですね。

 

ただ、掻くという行為は同時に皮膚に傷をつけてしまうリスクもあり、その点には注意が必要です。

 

 

 

 

 

頭のケアは、シャンプーと保湿が大切です。

 

洗髪は、皮脂を取り除くことに集中しているかもしれませんが、頭皮は顔と同じで、べたつきもするし、乾燥もします。

 

そして頭皮湿疹が痒いときは、掻くのと治まるの繰り返しで、結果、頭皮に固い部分ができてしまいます。

 

酷いときは、ネットで検索できるような画像と同じように発症することもあります。

 

頭皮にかさぶたや湿疹がある場合、市販薬での治し方もありますが、かゆみなしかどうかによっても違います。

 

原因の1つはストレスということも考えられます。

 

その時は、皮膚科の診察を受けましょう。

 

後頭部に炎症ができて治らないときは、患部と枕カバーがこすれ合うことで、治りにくいということがあります。

 

枕カバーは清潔さを持続して、肌に優しいシャンプーで洗髪してください。

 

案外見過ごせないのは子供の抜け毛です。

 

かゆい、痛い等と言っていないか注意しましょう。

 

 

 

 

 

健康な頭皮に痒みは出ないので、痒みがあるということは、頭皮環境が崩れていると考えられます。

 

頭皮のかゆみは、頭皮や空気の乾燥とその逆の皮脂の過剰分泌、紫外線などによるダメージなど、いくつか原因があります。

 

何が原因だとしても髪の成長には、足かせになってしまうため酷くなると抜け毛につながることもあります。

 

また、できものができて掻いて傷つきそのせいでまた痒くなる、という痒みのサイクルに陥ることもあります。

 

頭皮のかゆみが続くならば、原因を明確にしなければなりません。

 

そのうえで、適切な治療を選択します。

 

抜毛にならないよう注意しましょう。

 

 

 

 

 

page top