頭皮が赤くなる(=炎症)を防止するためには、紫外線対策をします。

頭皮が赤くなる(=炎症)を防止するためには、紫外線対策をします。

紫外線は、季節にかかわらず地上に降り注いでいますので、天気に関係なく外出の際は、帽子などで紫外線が頭皮に届かないよう遮断します。

 

 

また、紫外線に負けないよう健全な頭皮を維持することが大切です。

 

だから皮脂の過剰分泌や頭皮の乾燥にならないようにします。

 

皮脂が過剰になったり、頭皮を乾燥させないためには、生活習慣の見直しが必要かもしません。

 

ストレスや栄養バランスの悪い食事、質の悪い睡眠などが原因になりますので、それらに注意また改善の努力が必要です。

 

 

 

 

 

頭皮のかゆみは健康な頭皮には起こらないので、逆に言えば、痒みがあるということで頭皮が不健康な状態になっていると考えられます。

 

頭皮が痒いのは、頭皮や空気の乾燥とその逆の皮脂の過剰分泌、紫外線などによるダメージなど、いくつか原因があります。

 

何が原因だとしても髪の成長には、足かせになってしまうためその先には、抜毛症になります。

 

はげないとは言い切れません。

 

また、できものができて掻いて傷つきそのせいでまた痒くなる、という痒みのサイクルに陥ることもあります。

 

頭皮のかゆみが続くならば、原因を明確にしなければなりません。

 

対策を行う必要があります。

 

抜毛にならないよう最善を尽くしましょう。

 

 

 

 

 

赤い頭皮になってしまう理由は、炎症ですが、炎症の原因は頭皮の乾燥である可能性があります。

 

頭皮に炎症を起こした場合、主に2つの原因があります。

 

頭皮に余分な皮脂があること、頭皮の乾燥です。

 

皮脂の過剰分泌のだいたいはストレス、睡眠不足、偏った食生活などが挙げられます。

 

皮脂が余計にあると頭皮の炎症を引き起こします。

 

もっとも皮脂は全くないのは良くないことという点です。

 

皮脂が頭皮に適量あると紫外線や乾燥から守る役目があります。

 

問題なのは過剰にあることで、それを放置すると酸化して過酸化脂質に変化して頭皮を刺激してしまうというわけです。

 

頭皮が乾燥していると紫外線ダメージを受けやすくなります。

 

必要な皮脂の要は、人によって違いシャンプー剤の影響や間違った洗髪のやり方によって、その量がないくらい取り除いてしまったときは、頭皮を守る皮脂の力が弱くなった状態です。

 

そのうえで紫外線を浴びれば、その紫外線の影響で炎症が発症することとなります。

 

 

 

 

 

痛いとかかゆいとか頭皮湿疹にしないためにシャンプーは、頭皮の汚れを落とそうとゴシゴシ洗うのは禁物です。

 

それは、かゆみなしという子供でも同じです。

 

基本は、髪を濡らす前にブラッシングでゴミなどを取り除きます。

 

そして髪すべてをぬるいお湯で濡らします。

 

温めの温度は、38℃くらいでしょうか。

 

頭皮に刺激が強すぎてはいけません。

 

シャンプー剤は、手に適量を取ってよく泡をたたせます。

 

その泡を頭全体に馴染ませて指の腹で頭皮をマッサージするように洗いましょう。

 

すすぎは、泡を完全に取りきるようにじっくり2分程度流します。

 

乾かすときは、乾いたタオルで大方の水分を取った後、ドライヤーの熱風が髪に直接あたらないようにしましょう。

 

こういうことで、頭皮の湿疹が治らないということがならないようにします。

 

もちろん抜け毛防止にもつながります。

 

シャンプー前のブラッシングでは、頭皮かさぶたのフケが出るかどうかがポイントです。

 

皮膚科に行かなくても市販薬での治し方もありますが、油断せず患部の画像も見てください。

 

それが軽く考えた末路かもしれません。

 

原因にはストレスも考えられるので、一度、そういった振り返りをしてみませんか?

 

 

 

 

 

page top