頭皮が赤いときの対策は、洗髪全般を見直します。

頭皮が赤いときの対策は、洗髪全般を見直します。

赤い部分は炎症なので、刺激の強い硫酸系の成分を含有した商品は使わない方が無難です。

 

 

全ての皮脂をすべて剥がしてしまうほど強い洗浄力はなくても構わないので、程よく汚れがとれる程度のアミノ酸系のシャンプーにしましょう。

 

ただし、肌に優しいアミノ酸系シャンプーといいますが、頭皮との相性と合わないこともないとは言い切れません。

 

そういったことも踏まえた上でシャンプー剤を選びましょう。

 

それと洗髪のやり方も再チェックしましょう。

 

指の腹でマッサージする様な洗い方がベターです。

 

シャンプー剤で泡をしっかり作り、頭皮も髪もその泡で洗うつもりでやってください。

 

洗った後は、しっかりすすぎます。

 

最後に、トライヤーと髪は15p以上離して生乾きにならないように乾かします。

 

 

 

 

 

頭皮のできもの対策は、ヘアケア方法を見直すことも大切です。

 

最初、洗髪をする前にブラッシングです。

 

シャンプー剤を付ける前にはぬるま湯ですすぎ、十分に濡らします。

 

そのうえでシャンプー剤を付けますが、手で泡を作ります。

 

泡の力で頭皮の汚れを落すというイメージです。

 

できものがある個所は、なおさら泡で洗うよう徹底してください。

 

それ以外の個所は、指の腹で優しくマッサージをするのは良いでしょう。

 

タオルドライは、髪の毛を押さえるように水分を吸い取るようにしましょう。

 

後は、ドライヤーを使って髪の毛と頭皮をしっかり乾かします。

 

半乾きにしておくと、常在菌が増える原因になり、できものができやすい状態ですので、それを防ぐために乾かします。

 

トリートメントは、髪には良いですができものには良くありませんので、付け過ぎないように注意してください。

 

全て刺激物ですので、できものの個所には、付けないようにします。

 

 

 

 

 

頭皮に赤い部分があるときの理由とは、まずはシャンプーです。

 

シャンプーと言えば、その用途から洗浄力を当然持っていますが、洗浄力の高いシャンプーはほとんどの商品で○○硫酸の言う名前の成分が含まれています。

 

○○硫酸は、高い洗浄力を誇りますが、使い方によっては残したい水分や油分さえ洗い流してしまって、頭皮環境にダメージを引き起こします。

 

そういったシャンプーを継続して利用すると頭皮は外部の刺激に耐える力が弱まり、炎症が発症するきっかけになって頭皮が赤くなります。

 

一方、頭皮に優しいと言われるアミノ酸系シャンプーでも問題がないこともないです。

 

その洗浄成分には様々なタイプがあって、頭皮との相性に影響します。

 

口コミなどを参考にシャンプーをしっかり見極めて使いましょうね。

 

自分に合うシャンプー剤を選べたら次はシャンプーのやり方です。

 

ガリガリと力を入れたり、爪を立てたり、頭皮に力づくで容赦のない洗い方は絶対にいけません。

 

また、シャンプー剤を直接頭皮に付けるとか、シャンプー後のすすぎが不十分でシャンプー剤も汚れも残してしまうと頭皮に炎症ができてしまう原因にになってしまいます。

 

 

 

 

 

頭のケアは、保湿と洗髪がポイントです。

 

洗髪は、皮脂を取り除くことに集中しているかもしれませんが、頭皮は顔と同じで、べたつきも乾燥もあります。

 

痒みが出るときもあるので、無意識に掻いては治まりを繰り返すことで、頭皮が固くなってしまうこともあります。

 

酷くなるとネットで見かけるような画像のように症状が進行します。

 

頭皮にかさぶたや湿疹がある場合、治し方として市販薬を使うこともありますが、かゆみなしかありか、1つの判断基準です。

 

ストレスが原因かもしれませんし。

 

皮膚科の受診も検討した方が良さそうです。

 

例えば、後頭部の炎症が治らないときは、枕と炎症部分がこすれ合うことで、治りにくいということがあります。

 

常に枕のカバーは清潔さを持続して、肌に優しいシャンプーで洗髪してください。

 

意外と気づかないのは、子供の抜け毛です。

 

かゆい、痛い等と言っていないか注意しましょう。

 

 

 

 

 

page top