頭の痒みの原因は、脂漏性皮膚炎という病気が、その1つです。

頭の痒みの原因は、脂漏性皮膚炎という病気が、その1つです。

脂漏性皮膚炎とは、皮脂の分泌が多すぎると発症する炎症です。

 

 

頭皮に限らず肌には、肌の健康を維持するために必要な常在菌と不必要な常在菌(マラセチア菌など)がいます。

 

マラセチア菌は、皮脂を分解して遊離脂肪酸を作ります。

 

これが頭皮を刺激して炎症を起こす原因となるわけです。

 

それと刺激から頭皮を守ろうとする作用によって皮脂の分泌が増え、余分に分泌された皮脂をマラセチア菌がまた分解するという痒みのサイクルとなってしまいます。

 

 

 

 

 

頭ににきびができてしまうのは、皮脂が余分に分泌されてしまうことやターンオーバーの異常などのため毛穴を皮脂や古い角質がふさぎ、毛穴にそれらが留まってしまうことで起きます。

 

ふさがってしまった毛穴の中で、常駐している菌(アクネ菌)が古い角質や皮脂を餌として増殖し、その過程で毛穴が炎症を起こして、それがニキビという疾患になります。

 

頭ににきびができる過程は顔と同じですが、頭皮の方が皮脂腺が集まっていてたくさん皮脂量があるので、アクネ菌が活性化しやすいためにきびになりやすい条件となっています。

 

また、頭皮は髪に覆われていることから皮脂や角質などの汚れがたまりやすくかゆみや痛みを放置しておくと膿になったり、もっと悪化する場合もあります。

 

 

 

 

 

頭皮湿疹が赤いかゆいだけでは深刻な病気と思っていない人は、なかなか皮膚科に行こうとしない。

 

そもそも頭皮のブツブツは、汗によるかぶれ、皮脂の洗い残し、皮脂の洗いすぎ、空気の乾燥など様々なことをきっかけにして起こります。

 

頭皮が痒かったり、フケが落ちたりするのは、人の肌に常在するマラセチア菌が頭皮の皮脂を食べてその代謝産物が頭皮に刺激を与えて、炎症を起こすことです。

 

頭皮にブツブツの湿疹ができたときは、ドラッグストアや薬屋で変える薬でも処方薬でもいずれにしても薬を使った方が短期間で完治できます。

 

治らないということはまずありません。

 

ただ大きいブツブツが治らないは、重篤な病気も疑いましょう。

 

 

 

 

 

かゆみ止め薬ムヒのメーカーが20〜60代の男女10000人に行ったアンケートによると頭がかゆいという経験者は半数以上でした。

 

そのうち季節などに関係なくかゆみを感じる人は4割ほどいて、半分以上の人が痒ければ掻くという考えのようでした。

 

痒いときに掻くのは自然の欲求とも思えますが、ただ、掻くという行為は同時に皮膚に傷をつけてしまうリスクもあり、その点には注意が必要です。

 

 

 

 

 

page top