頭のケアは、シャンプーと保湿が大切です。

頭のケアは、シャンプーと保湿が大切です。

シャンプーは、皮脂を取り除くことに一生懸命になりがちですが、頭皮も顔と同じくべたつきも乾燥もあります。

 

 

そして頭皮湿疹が痒いときは、掻くのと治まるの繰り返しで、結果、頭皮に固い部分ができてしまいます。

 

酷いときは、ネットで見かけるような画像のように発症することもあります。

 

頭皮湿疹やかさぶたができているときは、治し方として市販薬を使うこともありますが、かゆみなしかどうかによっても違います。

 

原因の1つはストレスということも考えられます。

 

その時は、皮膚科の診察を受けましょう。

 

後頭部に炎症ができて治らないときは、患部と枕カバーが擦れることで、それが原因になることがあります。

 

常に枕のカバーは清潔さを持続して、肌に優しいシャンプーで洗髪してください。

 

案外見過ごせないのは抜け毛がある子供です。

 

痛いとかかゆい等言っていないか注意しましょう。

 

 

 

 

 

頭皮の血行が悪く赤くなるのは、つまり頭皮に炎症が発症していることも考えられ、具合によっては当人と言えど素人では早く完全に治すのは難しいかもしれません。

 

もちろん治るか治らないか、それすらも正しく判断できない可能性もあるので、面倒も医療機関に出向いて診察または治療を受けることを考えた方が良いでしょう。

 

頭皮が赤い、フケ、かゆい、痛いなどの主な症例としては、アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、乾皮症皮脂欠乏症湿疹などがあります。

 

いくら当人と言えど、素人があいまいな判断するよりもそれぞれの症状に最適な治療をするようにしましょう。

 

 

 

 

 

頭皮が赤くなる(=炎症)を防止するためには、頭皮を紫外線から守ることを考えます。

 

紫外線は、季節にかかわらず地上に降り注いでいますので、晴天でも雨天でも外出の際は、帽子などをかぶり紫外線が頭皮に直接当たることがないよう遮断します。

 

また、紫外線を浴びても支障がないように健全な頭皮を維持することは重要です。

 

そのためには皮脂の過剰分泌や頭皮の乾燥にならないようにします。

 

皮脂が過剰になったり、頭皮を乾燥させないためには、生活習慣の見直しが必要かもしません。

 

ストレスや栄養バランスの悪い食事、質の悪い睡眠などが病気以外の根本的な原因ですので、目先の対処ではなく、しっかりと自分を見直していきましょう。

 

 

 

 

 

頭ににきびができてしまうのは、皮脂が余分に分泌されてしまうことや肌再生に支障が起きてしまうなどで古い角質や皮脂が毛穴をふさいで、毛穴にそれらが留まってしまうことで発症します。

 

蓋をされた状態の毛穴では、通性嫌気性菌のアクネ菌が皮脂や古い角質を栄養として増殖し、その過程で毛穴が炎症を起こして、それがニキビという疾患になります。

 

頭ににきびができる過程は顔と同じですが、頭皮の方が皮脂腺が密集している上に皮脂量も多いので、アクネ菌が活性化しやすいためにきびになりやすい条件となっています。

 

また、頭皮は髪に覆われていることから角質や皮脂など汚れが付きやすく痛みやかゆみを放置しておくと膿になったり、もっと悪化する場合もあります。

 

 

 

 

 

page top