頭にできるニキビは、皮脂が頭皮の毛穴に詰まることが原因で起こる炎症ですから皮膚のターンオーバーを正常にすることが必要です。

頭にできるニキビは、皮脂が頭皮の毛穴に詰まることが原因で起こる炎症ですから皮膚のターンオーバーを正常にすることが必要です。

同時に外からの刺激に耐えられる健康な皮膚にすることが重要です。

 

 

それを実現するためにできることをお話しします。

 

ストレス軽減、脂質の多い食事を減らす、タバコを止める、飲酒量を減らす、よく眠る、頭皮を清潔にする、頭皮にきび予防のシャンプーを使う。

 

以上です。

 

総じていえば生活習慣を見直して、頭皮に余計な刺激をしないことが大事ということです。

 

 

 

 

 

頭皮のかゆみは健康な頭皮には起こらないので、逆に言えば、痒みがあるということで頭皮環境が崩れていると考えられます。

 

頭皮のかゆみは、頭皮や空気の乾燥とその逆の皮脂の過剰分泌、紫外線などによるダメージなど、原因は様々です。

 

いずれも頭皮のトラブルで髪の毛の成長を妨げるため、酷くなると抜け毛になります。

 

はげないとは言い切れません。

 

また、できものができて掻いて傷つきそのせいでまた痒くなる、という悪循環になる危険もあります。

 

頭皮のかゆみが続くならば、原因を明確にしなければなりません。

 

そのうえで、適切な治療を選択します。

 

抜毛にならないよう注意しましょう。

 

 

 

 

 

知って損はない痒みのメカニズムのお話しです。

 

かゆみを感じる神経を刺激するのは、ヒスタミンという物質です。

 

普段は停止状態ですがケガなど外部から刺激があると動き出す物質です。

 

炎症も活性化のきっかけで、その肌の中では「マスト細胞(ヒスタミンなどを含んでいます)」が集合している「炎症細胞」という細胞があります。

 

マスト細胞がヒスタミンを放出して、炎症を悪化させる物質は炎症細胞が作り出します。

 

それらがかゆみを感じる神経を刺激するため「かゆい」という感覚が生まれます。

 

つまり、炎症を抑えなければ、痒みは繰り返されるということです。

 

 

 

 

 

かゆい・痛い頭皮湿疹を防ぐ洗髪は、頭皮の脂を取り除こうと爪を立てるのは避けましょう。

 

(かゆみなしの子供も同じ)基本は、最初に髪をとかしてほこりなどを取ります。

 

次に温めのお湯に髪全体を付けます。

 

温めのお湯とは、38度前後です。

 

頭皮に刺激が強すぎてはいけません。

 

シャンプー剤は、手に適量を取って十分に泡立てます。

 

その泡を頭全体に馴染ませて両手の指の腹で頭皮をマッサージするように洗いましょう。

 

泡を流すときは、シャンプー剤を一切残さないようにじっくり2分程度流します。

 

乾かすときは、タオルドライの後、ドライヤーの熱風が直接髪にあたらないように注意します。

 

これにより頭皮の湿疹の原因にならないようにします。

 

もちろん抜け毛防止にもつながります。

 

洗髪前にブラッシングするとき、頭皮かさぶたのフケが出るかどうかがポイントです。

 

皮膚科に行かなくても市販薬での治し方にしたいと思った場合、軽く考えずにネットか何かで症状の画像も見てみましょう。

 

それが油断した結果かもしれません。

 

ストレスが原因の時は少々厄介ですので、ご自身の気持ちの状態などを見直してみましょう。

 

 

 

 

 

page top