頭がかゆくなる原因として、脂漏性皮膚炎があります。

頭がかゆくなる原因として、脂漏性皮膚炎があります。

脂漏性皮膚炎は、皮脂が過剰分泌になると起きやすくなります。

 

 

人の肌には、健康な皮膚にするための常在菌、マラセチア菌のように不必要な常在菌があります。

 

マラセチア菌は、皮脂を餌として遊離脂肪酸を排出します。

 

頭皮は、遊離脂肪酸の刺激によって炎症を起こすこととなります。

 

また皮膚はその刺激に対する防衛反応によって皮脂の分泌が増え、余分に分泌された皮脂をマラセチア菌が続けて食べて刺激物を排出するという痒みのサイクルとなってしまいます。

 

 

 

 

 

実は、頭皮は白い状態が正常です。

 

逆に赤い頭皮は何らかの異常があります。

 

赤い頭皮は血行が悪い状態で、それは頭皮に問題を引き起こすきっかけになりやすいです。

 

たとえば顔色の場合、運動をしたり長時間の入浴をすると毛細血管が刺激されて広がり赤くなります。

 

しかし頭皮は、ちょっと違います。

 

というのは、頭皮は一番てっぺんにありまた血管が細いし、もともと血流が悪いので白いのです。

 

ですから運動や入浴をしていない通常時に頭皮が赤いということは、血行不良で皮膚が異常な状態というわけです。

 

 

 

 

 

頭皮の血行が悪く赤くなるのは、つまり頭皮に炎症が発症していることも考えられ、症状の程度によっては当人と言えど素人では早く完全に治すのは難しいかもしれません。

 

もちろん、素人ではその判断を正しくできるとは言えないので、やはり病院の専門医の診断を受け、最適な投薬と治療をした方が良いでしょう。

 

頭皮が赤い、できものがあったり、痒い、かゆくないけど痛い等の炎症の種類は、アトピー性皮膚炎、乾皮症皮脂欠乏症湿疹、脂漏性皮膚炎、接触性皮膚炎などがあります。

 

素人判断で症状が悪化しないように明確な根拠で正しい治療をするようにしましょう。

 

 

 

 

 

頭皮にニキビやできものができやすい人は、ストレスを溜めやすい人です。

 

ストレスは皮脂を増やす原因となり、余分な皮脂はニキビやできものを作り出す原因となります。

 

ストレスは溜めこまずに発散することが大切というのが正論ですが、ストレスを溜めやすい人は発散のやり方がわからないという人が多い傾向でもあります。

 

誰でもストレスを発散できる方法というのはありませんが、やはりストレスの元凶から離れること、考えないことが基本中の基本ですね。

 

ストレスの元凶が「職場や学校」や「他人」などであれば、その中でも誰にも干渉されない場所を見つけることで離れられると思います。

 

家の中や自分自身の場合は、割り切って受け入れることから始めますかね。

 

ストレスが原因のできものは、ストレスが小さくなればなるほど解消されやしので、自分なりのストレス発散の方法をぜひ探してみましょう。

 

 

 

 

 

page top