頭がかゆくなる原因として、脂漏性皮膚炎という病気が、その1つです。

頭がかゆくなる原因として、脂漏性皮膚炎という病気が、その1つです。

脂漏性皮膚炎とは、皮脂の分泌が多すぎると発症する炎症です。

 

 

頭皮に限らず肌には、肌の健康を維持するために必要な常在菌とマラセチア菌のように不必要な常在菌があります。

 

マラセチア菌は、皮脂を餌として遊離脂肪酸を排出します。

 

頭皮は、遊離脂肪酸の刺激によって炎症を起こすこととなります。

 

また皮膚はその刺激に対する防衛反応が働き、皮脂を分泌します。

 

増えた皮脂をマラセチア菌が続けて食べて刺激物を排出するという痒みのサイクルとなってしまいます。

 

 

 

 

 

湿疹が頭皮にできたときは、その原因を明確にするのが大切です。

 

接触皮膚炎の場合は原因物質との接触を避けるようにします。

 

頭皮湿疹の画像を見ると結構、痛々しいですよね。

 

シャンプー、カーリング剤、整髪料が原因かどうか疑ってみましょう。

 

皮脂欠乏性皮膚炎の場合は洗髪に原因があり頭皮の最低限必要な皮脂さえもなくしている場合があり、臭いべたつきに注意しながらシャンプーの回数を小さくする方が良いです。

 

また、ストレスのため免疫力が弱くなり、皮膚が過敏になることで、痒みや湿疹を発症する場合もあります。

 

原因に見当がつかなく、治し方も不明の場合は、皮膚科医を受診することで適切な薬を処方してもらいましょう。

 

そうしないと家にある市販薬ではいつまでも治らないこととなり、かゆみなしの状態にはなりません。

 

子供が頭かゆいとか痛いとか言うときがありますが、まさか抜け毛になるなんてことあるのでしょうか?

 

 

 

 

 

質の高い睡眠は、免疫力がアップします。

 

それと肌の再生サイクルに影響のある成長ホルモンを分泌させやすくなります。

 

免疫力工場は、できものやニキビができにくい肌にし、肌の再生サイクルが正常であれば、ニキビやできものができても治りやすい肌にします。

 

では、質の高い睡眠のためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

すぐにでも実行可能な、効果が期待できる心がけがいくつかありますので、ご紹介します。

 

体に適度にフィットする枕やマットレスを選びます。

 

寝る部屋は静かに暗くしておきます。

 

寝る直前にパソコンやタブレット・スマホのディスプレイのブルーライトを浴びないこと。

 

寝てる間に胃の消火活動させないよう、寝る前は何も食べないようにします。

 

入浴をするなどして寝るときに体を温めておくこと。

 

このようなことが熟睡するコツで、質の高い睡眠になります。

 

 

 

 

 

「できもの」が頭皮にできた際、一番良いことは、その「できもの」を触らないということです。

 

白いかさぶたも同様とお考え下さい。

 

頭皮にある「できもの」はどうしても気になってしまい、触りたくなってしまいます。

 

頭皮にできた「できもの」は、簡単に見えないことが多くしっかりと観察できないから指先を使って確認せざるを得なくなります。

 

しかし、くどいようですが、「できもの」は頭皮に限らず、指で触ってはいけません。

 

どうしてかといえば、指先には多くの雑菌が付着しているためです。

 

指先や「できもの」のない肌の場合は、雑菌が多いと言っても心配する必要はありません。

 

でも患部に大量の雑菌が付けば、それによりさらに悪くなる可能性があります。

 

ですので、イボも含めて「できもの」には触れないことが一番です。

 

 

 

 

 

page top