赤い頭皮の対策は、手始めにシャンプー剤とシャンプーのやり方を再チェックします。

赤い頭皮の対策は、手始めにシャンプー剤とシャンプーのやり方を再チェックします。

頭皮は炎症を起こしているので、まず洗浄力が高い成分(○○硫酸)を利用したシャンプー剤は使わない方が無難です。

 

 

全ての皮脂をすべて剥がしてしまうほどの力はないくらいが丁度良いので、汚れはある程度摂れれば良いと割り切ってアミノ酸系シャンプーの選択を検討します。

 

ただし、肌に優しいアミノ酸系シャンプーといいますが、使う人との相性が悪いことはないとは言えないので、そういったことも踏まえた上でシャンプー剤を選びましょう。

 

また、シャンプーのやり方についても見直しましょう。

 

指の腹でマッサージする様な洗い方がベターです。

 

しっかりシャンプーの泡を作って頭皮も髪もその泡で洗うつもりでやってください。

 

洗った後は、しっかりすすぎます。

 

最後に、トライヤーと髪は15p以上離してしっかりと乾かしましょう。

 

 

 

 

 

赤い頭皮になっているのは、皮脂によって炎症を起こしている疑いがあります。

 

頭皮に炎症を起こした場合、主に2つの原因があると言われています。

 

頭皮に余分な皮脂があること、頭皮の乾燥です。

 

1つ目の皮脂が過剰である理由ですが、だいたいはストレス、睡眠不足、偏った食生活などがが考えられます。

 

皮脂が余計にあると頭皮の炎症を引き起こします。

 

勘違いしないでほしいのは、皮脂は完全な悪者ではないという点です。

 

皮脂が頭皮に適量あると紫外線や乾燥から影響されないようにする役目があります。

 

問題なのは過剰にあることで、それを放置すると酸化して過酸化脂質に変化して頭皮を刺激する原因になるわけです。

 

頭皮が乾燥していると紫外線の影響を発症しやすくなります。

 

必要な皮脂の要は、人によって違いシャンプー剤の影響や間違った洗髪のやり方によって、その必要量が満たせないほど洗い流してしまった場合などは、頭皮が皮脂によって守られる作用が弱くなった状態です。

 

そのうえで紫外線を浴びると日焼けもするしその紫外線のせいで炎症が発症することとなります。

 

 

 

 

 

顔にできるにきびと頭皮にきびは、どんな違いがあるでしょう。

 

かゆい思いをするのが同じでもにきび原因や治し方など治らないと悩みがある人には、気になるかもしれません。

 

知らない人が多いと思われるのは、顔にできるニキビと頭皮にあるにきびは、症状は同じです。

 

顔と頭、原因はどちらも余分な皮脂が毛穴で詰まったせいです。

 

顔でも頭でも肌のケアが悪いとにきびはできます。

 

頭の場合、たくさんの毛穴があって皮脂の分泌が活発です。

 

また、顔よりも長い髪にしている人が多く、顔にできるにきびのように目立たないので、十分なケアになっていないことが多いです。

 

そういったことで、頭にできるニキビは治りにくいと諦め気分になりがちかもしれません。

 

 

 

 

 

知って損はない痒みのメカニズムのお話しです。

 

かゆみを感じる神経を刺激するのは、ヒスタミンという物質です。

 

普段は停止状態ですがケガなど外部から刺激があると活性化します。

 

炎症も活性化のきっかけで、その肌の中ではヒスタミンなどを含む「マスト細胞」というものがたくさん集まっている「炎症細胞」が見られます。

 

ヒスタミンはマスト細胞から排出され、炎症細胞は炎症を悪化させる物質を生み出しています。

 

それらがかゆみを感じる神経を刺激するため「かゆい」という感覚が生まれます。

 

つまり、炎症を抑えなければ、痒みは続くということです。

 

 

 

 

 

page top