赤い頭皮になることを防止するためには、頭皮を紫外線から守ることを考えます。

赤い頭皮になることを防止するためには、頭皮を紫外線から守ることを考えます。

紫外線は、季節にかかわらず地表に届いています。

 

 

晴天でも雨天でも外に出るときは、帽子などで紫外線が頭皮に届かないように心がけます。

 

また、紫外線を浴びても支障がないように健康な頭皮にすることは重要です。

 

だから頭皮を乾燥させたり、必要以上に皮脂が分泌されないようにします。

 

頭皮の乾燥や過剰な皮脂にならないようにするためには、根本的には、生活習慣の改善が急務です。

 

浅い眠りや水分不足、不規則で栄養のバランスが悪い食事、精神的なストレスなどが、原因になりますので、目先の対処ではなく、しっかりと自分を見直していきましょう。

 

 

 

 

 

頭皮湿疹や頭皮のかゆみを防ぐことは、薄毛対策になります。

 

頭皮のかゆみは、頭皮に何らかのトラブルがあると(症例は画像検索して参照してください)思われるので、そのトラブルをそのままにしておけばますます状況が悪くなって、抜け毛、ひいては薄毛になるケースがあります。

 

子供でも同様に間違った治し方だとかゆい痛いが治らない事例も考えられます。

 

もちろん、頭皮のかゆみがすべて薄毛に直結ということではないですが、かさぶたからのフケがある痒みの原因として頭皮の乾燥や余分な皮脂、ストレスや自律神経の乱れ、刺激が強すぎるシャンプー剤などが考えられ、結果的に薄毛を引き起こすこともあるので、注意が必要ですね。

 

市販薬でかゆみなしとなってもたかがかゆみと軽視しないで、何日か続く場合は皮膚科を受診しましょう。

 

 

 

 

 

もし、痒みの原因が脂漏性皮膚炎と診断された場合、処方薬を塗る飲む以外にご自身ができるのは、清潔な頭皮を保つことです。

 

清潔にするためには、汚れや皮脂をきちんと洗って取り除き、洗髪の後はすぐに頭皮まで乾かします。

 

シャンプー前にブラッシング、そして温めのシャワーでしっかり濡らします。

 

これをすることで、目に見えない皮脂や埃を結構洗い流せます。

 

シャンプーは洗浄力の弱いものを使い、手のひらで泡立たせて頭皮を指の腹でマッサージするように洗います。

 

頭皮に傷をつけないよう爪を立てたり、ガシガシ洗うのはやめましょう。

 

泡はお湯を惜しまず使ってきちんと洗い流します。

 

洗髪が終わったら頭皮も髪もヘアドライヤーで、完全に乾かします。

 

その際、熱風をあて過ぎないようにしましょう。

 

 

 

 

 

頭皮のにきびは、皮脂が頭皮の毛穴に詰まることが原因で発症する炎症のため皮膚のターンオーバーを正常にすることが大切です。

 

また外からの刺激に耐えられる健康な皮膚にすることが重要です。

 

それを実現するためにできることは、次の通りです。

 

ストレスをなくす、脂質の多い食事を減らす、たばこの本数を減らす、飲酒量を減らす、しっかり眠る、頭皮をきれいに保つ、頭皮にきび予防のシャンプーを使う、等です。

 

まとめていうと生活習慣を見直して、頭皮に余計な刺激をしないことがとても大切ということです。

 

 

 

 

 

page top