赤い頭皮になってしまう理由は、皮脂によって炎症を起こしている疑いがあります。

赤い頭皮になってしまう理由は、皮脂によって炎症を起こしている疑いがあります。

頭皮に炎症を起こした場合、主に2つの原因があると言われています。

 

 

皮脂の過剰な分泌と頭皮が乾燥していることです。

 

皮脂の過剰分泌の原因は、おおよそストレス、睡眠不足、偏った食生活などがが考えられます。

 

過剰な皮脂は炎症になります。

 

勘違いしないでほしいのは、皮脂は全くないのは良くないことです。

 

皮脂が頭皮に適量あると頭皮を外部の刺激や乾燥から影響されないようにする役目があります。

 

問題なのは過剰にあることで、そのままにしておくと酸化して過酸化脂質に変化して頭皮を刺激する原因になるわけです。

 

頭皮が乾燥していると紫外線ダメージを発症しやすくなります。

 

必要な皮脂の要は、人によって違いシャンプー剤や間違った洗髪のやり方によって、その必要量がないくらい取り除いてしまったときは、頭皮を守る皮脂の力が弱くなった状態です。

 

そのうえで紫外線を浴びれば、その紫外線のせいで炎症が発症することとなります。

 

 

 

 

 

頭皮が赤い症状というのは、つまり頭皮に炎症が発症していることも考えられ、症状の程度によっては当人と言えど素人では早く完全に治すのは難しいかもしれません。

 

もちろん、素人ではそれすらも正しく判断できない可能性もあるので、やはり病院の専門医の診察または治療を受けることを考えた方が良いでしょう。

 

頭皮が赤い、できものがあったり、痒い、かゆくないけど痛い等の主な症例としては、アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、乾皮症皮脂欠乏症湿疹などです。

 

素人判断で症状が悪化しないように明確な根拠で正しい治療ができるようにしましょう。

 

 

 

 

 

実は、頭皮は白い状態が正常です。

 

むしろ頭皮が赤いとトラブルが起きているかもしれません。

 

頭皮が赤いということは血流が悪い事を意味し、それは頭皮に問題を引き起こす原因になります。

 

たとえば顔色の場合、運動をしたり長時間の入浴をすると毛細血管が刺激されて広がり赤くなります。

 

でも頭皮の場合は事情が違います。

 

頭皮は身体の中で心臓から遠く、また血管が細いし、血行が悪いため白いわけです。

 

ですから運動や入浴をしていない通常時に頭皮が赤いということは、むしろ、血流が悪いせいで頭皮にトラブルがあるかもというわけです。

 

 

 

 

 

赤いブツブツと強い痒みがあるなら国立感染症研究所によるとヒゼンダニが原因の疥癬(かいせん)という病気の可能性もあります。

 

ヒゼンダニの脱皮殻や排せつ物にアレルギー反応を起こし痒みが出ます。

 

ヒゼンダニは人から人に感染するので、老若男女、顔でも頭でもブツブツができます。

 

通常疥癬(つうじょうかいせん)よりもノルウェー疥癬とも呼ばれる角化型疥癬の方が、一般的に感染力が強いです。

 

ただ、痒くないケースもあるので、痒みで判断するよりも患部の見た目で判断する場合が多いです。

 

皮脂欠乏性湿疹、アトピー性皮膚炎、皮膚そう痒症(ひふそうようしょう)、虫刺されと症状が似ているのでその診察は、専門医でも難しいと言われ、まして素人ではまず判断することはできません。

 

予防・対策のためにまず疑うことから始めるのが賢明です。

 

 

 

 

 

page top