赤い頭皮になってしまう理由は、炎症ですが、炎症の原因は頭皮の乾燥である疑いがあります。

赤い頭皮になってしまう理由は、炎症ですが、炎症の原因は頭皮の乾燥である疑いがあります。

頭皮に炎症を起こした場合、大きく分けて2つの原因があると言われています。

 

 

皮脂の過剰な分泌と頭皮が乾燥していることです。

 

皮脂の過剰分泌の原因は、おおよそ食生活の乱れ、睡眠不足、ストレスなどがが考えられます。

 

皮脂が余計にあると頭皮の炎症を引き起こします。

 

勘違いしないでほしいのは、皮脂は全くないのは良くないことです。

 

皮脂が頭皮に適量あると頭皮を外部の刺激や乾燥から守る役目があります。

 

あり過ぎることが良くないことで、それを放置すると皮脂は過酸化皮脂になってしまい頭皮を刺激する原因になるわけです。

 

乾燥した頭皮は紫外線の影響を受けやすくなります。

 

必要な皮脂の要は、人によって違いシャンプー剤の影響や正しくない洗髪で、その必要量が満たせないほど取り除いてしまったときは、頭皮が皮脂によって守られる作用が弱くなった状態です。

 

そのうえで紫外線を浴びると日焼けもするしその紫外線の影響で頭皮に炎症が起きるというわけです。

 

 

 

 

 

頭皮が赤い症状というのは、つまり頭皮に炎症が発症していることも考えられ、症状の程度によってはご自身の努力だけでは治らない可能性もゼロではありません。

 

もちろん、素人ではその判断を正しくできるとは言えないので、面倒も医療機関に出向いて診察または治療を受けることを考えた方が良いでしょう。

 

頭皮が赤い、できものがあったり、痒い、かゆくないけど痛い等の炎症の種類は、アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、乾皮症皮脂欠乏症湿疹などです。

 

いくら当人と言えど、素人があいまいな判断するよりも明確な根拠で正しい治療ができるようにしましょう。

 

 

 

 

 

頭皮湿疹や痒みの防止は、薄毛対策になります。

 

痒みがあるということは、頭皮のトラブルが(トラブル例はネットでの検索画像を参照)考えられますので、頭皮のかゆみを放っておくとますます状況が悪くなって、抜け毛が目立ち始めると薄毛になるケースがあります。

 

子供でも同様に間違った治し方だと痛い・かゆいが治らないことも考えられます。

 

ただし、痒みのケース全てが薄毛に直結ということではないですが、かさぶたからのフケがある痒みの原因として頭皮の過剰な皮脂や乾燥、ストレスの姓で自律神経が乱れること刺激が強すぎるシャンプー剤などが考えられ、結果的に薄毛を発症させることもあるので、注意が必要ですね。

 

市販薬を使ってかゆみなし状態になっても痒みを軽く考えず、様子を見て皮膚科を受診しましょう。

 

 

 

 

 

実は、頭皮は白い状態が正常です。

 

むしろ頭皮が赤いと何らかの異常があります。

 

頭皮が赤いということは血流が悪い事を意味し、血流が悪いと頭皮トラブルの原因になります。

 

たとえば顔色の場合、運動や入浴で毛細血管が刺激されて広がり赤くなります。

 

でも頭皮の場合はちょっと違います。

 

頭皮は身体の中で心臓から遠く、また血管が細いし、もともと血流が悪いので白いのです。

 

ですので、何もしていないときに頭皮が赤いということは、むしろ、血流が悪いせいで頭皮にトラブルがあるかもというわけです。

 

 

 

 

 

page top