赤い頭皮になっているのは、皮脂によって炎症を起こしている疑いがあります。

赤い頭皮になっているのは、皮脂によって炎症を起こしている疑いがあります。

頭皮の炎症は、大きく分けて2つの原因があると言われています。

 

 

頭皮に余分な皮脂があること、頭皮の乾燥です。

 

1つ目の皮脂が過剰である理由ですが、原因は、おおよそストレス、睡眠不足、偏った食生活などが挙げられます。

 

過剰な皮脂は頭皮の炎症を引き起こします。

 

勘違いしないでほしいのは、皮脂は全くないのは良くないことという点です。

 

皮脂が頭皮に適量あると頭皮を外部の刺激や乾燥から影響されないようにする役目があります。

 

問題なのは過剰にあることで、そのままにしておくと酸化して過酸化脂質に変化して頭皮を刺激する原因というわけです。

 

乾燥した頭皮は紫外線の影響を発症しやすくなります。

 

人それぞれ皮脂の必要量が違いますが、シャンプー剤の影響や間違った洗髪のやり方によって、その量がないくらい洗い流してしまった場合などは、頭皮が皮脂によって守られる作用が弱くなった状態です。

 

そのうえで紫外線を浴びると日焼けもするしその紫外線のせいで頭皮に炎症が起きることとなります。

 

 

 

 

 

ニキビやできものが頭皮にできた場合、最初に試す価値があるのは、現在使っているシャンプーを低刺激シャンプーに変えることです。

 

できものができてしまった頭皮から刺激物などの負担を極力なくす必要があります。

 

シャンプーの刺激が原因になっているかどうか探るために刺激の小さなシャンプーに変えて、洗髪の回数を減らしてみます。

 

具体的には一日に2回シャンプーをしていれば、二日に1回にしてみます。

 

低刺激シャンプーに変え、洗髪回数を減らしても改善しないようならば、接触性皮膚炎を疑います。

 

なお、低刺激のシャンプーといえば、硫酸とかスルホン酸などの成分が含まれていないシャンプーです。

 

洗浄力が高い「〜〜硫酸」とか「〜〜スルホン酸」などの成分が含まれず、汚れが落としながらも頭皮への刺激は少なくて済みます。

 

__かゆい・痛い頭皮湿疹にしないために洗髪は、頭皮の汚れを落とそうとゴシゴシ洗うのは避けましょう。

 

(かゆみなしの子供も同じ)基本は、髪を濡らす前にブラッシングでゴミなどを取り除きます。

 

次に温めのお湯に髪全体を付けます。

 

温めの温度は、38度前後です。

 

頭皮がピリピリしてはいけません。

 

シャンプー剤は、適量手のひらにのせよく泡をたたせます。

 

その泡を頭全体に馴染ませて指の腹で頭皮を優しくまんべんなく洗いましょう。

 

泡を流すときは、シャンプー剤を一切残さないようにしっかりを流します。

 

乾かすときは、乾いたタオルで大方の水分を取った後、頭からドライヤーを離し、熱風が髪に直接あたらないようにしましょう。

 

こういうことで、頭皮の湿疹が治らないということがないようにしましょう。

 

当然、抜け毛の予防にもなります。

 

洗髪前にブラッシングするとき、頭皮かさぶたのフケが出るかどうかがポイントです。

 

皮膚科ではなく市販薬での治し方もありますが、軽く考えずにネットか何かで症状の画像も見てみましょう。

 

それが油断した結果かもしれません。

 

原因にはストレスも考えられるので、一度、そういった振り返りをしてみませんか?

 

 

 

 

 

頭の痒みの原因は、脂漏性皮膚炎があります。

 

脂漏性皮膚炎とは、皮脂の分泌が多すぎると発症する炎症です。

 

頭皮に限らず肌には、肌の健康を維持するために必要な常在菌と不必要な常在菌(マラセチア菌など)がいます。

 

マラセチア菌は、皮脂を分解して遊離脂肪酸を作ります。

 

これが頭皮を刺激して炎症を起こすこととなります。

 

それと刺激から頭皮を守ろうとする作用が働き、皮脂を分泌します。

 

増えた皮脂をマラセチア菌が続けて食べて刺激物を排出するという痒みのサイクルとなってしまいます。

 

 

 

 

 

頭皮湿疹やかさぶたがあるとき、まず原因をはっきりさせましょう。

 

接触皮膚炎の場合は原因になる物質を避けなければなりません。

 

脂漏性皮膚炎の画像は、なかなか直視できないです。

 

シャンプー、カーリング剤、整髪料が原因かどうか疑うべきです。

 

皮脂欠乏性皮膚炎なら洗髪に原因があり頭皮の皮脂を失っていることが考えられるので、清潔さを維持しながらもシャンプーの回数を減らすと良いでしょう。

 

あるいは、免疫力が低下したことで、皮膚が過敏になることで、湿疹や痒みを引き起こすことがあります。

 

自分では原因がわからない、治し方がわからないならば、専門の医療機関を受診して適切な薬を処方してもらいましょう。

 

そうしないとドラッグストアの市販薬ではいつまでも治らず、かゆみなしというわけにはいきません。

 

子供が頭かゆいとか痛いとか言うときがありますが、まさか抜け毛になるなんてことあるのでしょうか?

 

 

 

 

 

page top