赤いブツブツと強い痒みがあるなら国立感染症研究所によるとヒゼンダニが原因の疥癬(かいせん)という病気の可能性もあります。

赤いブツブツと強い痒みがあるなら国立感染症研究所によるとヒゼンダニが原因の疥癬(かいせん)という病気の可能性もあります。

ふんや脱皮殻のアレルギー反応で痒みを覚えます。

 

 

ヒゼンダニは人から人に感染するので、老若男女、顔でも頭でもブツブツができます。

 

通常疥癬(つうじょうかいせん)よりも角化型疥癬(かくかがたかいせん)の場合が感染力が強いのですが、なんと痒くない症例もあり痒み有無や痒みの程度だけでなく患部の見た目で判断する場合が多いです。

 

皮膚そう痒症(ひふそうようしょう)、アトピー性皮膚炎、虫刺され、皮脂欠乏性湿疹と症状が似ているので専門医ですら判断するのが難しく、まして素人ではほぼ無理です。

 

予防のためには、誰でもできることは、疑うことです。

 

 

 

 

 

頭皮湿疹が赤いかゆいだけでは特に痛くないと病気としてとらえない人は、なかなか皮膚科に行こうとしない。

 

そもそも頭皮のにできる湿疹とは、汗によるかぶれ、皮脂の洗い残し、皮脂の洗いすぎ、空気の乾燥などいろいろなことが原因になって起こります。

 

頭皮が痒かったり、フケが落ちたりするのは、人の肌に常在するマラセチア菌が頭皮の皮脂を食べて排せつ物が頭皮を刺激し、炎症からなるものです。

 

頭皮に湿疹(ブツブツ)ができたときは、ドラッグストアや薬屋で変える薬でも処方薬でもいずれにしても薬を使った方が治りは早いですね。

 

治らないということはまずありません。

 

ただ大きいブツブツが治らないは、重篤な病気も疑いましょう。

 

 

 

 

 

頭皮の血行が悪く赤くなるのは、炎症も併発している可能性があり、症状の程度によっては当人と言えど素人では早く完全に治すのは難しいかもしれません。

 

もちろん治るか治らないか、その判断を正しくできるとは言えないので、やはり病院の専門医の診断を受け、最適な投薬と治療をした方が良いでしょう。

 

頭皮が赤い、フケ、かゆい、痛いなどの炎症の種類は、アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、乾皮症皮脂欠乏症湿疹などです。

 

いくら当人と言えど、素人があいまいな判断するよりもそれぞれの症状に最適な治療をするようにしましょう。

 

 

 

 

 

頭皮の痒みが、脂漏性皮膚炎によるものならば、病院からの薬を塗ったり飲んだりすると思いますが、それ以外にご自身ができるのは、清潔な頭皮を維持することです。

 

そのための心がけとして、汚れや皮脂をきちんと洗って取り除き、洗髪の後はすぐに頭皮まで乾かします。

 

髪を濡らす前にブラッシングをして、そして温めのシャワーでしっかり濡らします。

 

これをすることで、小さい埃や皮脂はだいぶ落とせます。

 

シャンプーは洗浄力の弱いものを使い、よく泡立て指の腹で頭皮を揉むように洗います。

 

頭皮に傷をつけないようゴシゴシや爪を立てることは厳禁です。

 

泡は十分なお湯を使ってすすぎます。

 

濡れた髪はドライヤーで、頭皮から乾かします。

 

ヘアドライヤーは、風量よりも髪にあたる温度に注意してください。

 

 

 

 

 

page top