質の高い睡眠は、免疫力を向上させ、肌の再生サイクルに影響のある成長ホルモンを分泌させやすくなります。

質の高い睡眠は、免疫力を向上させ、肌の再生サイクルに影響のある成長ホルモンを分泌させやすくなります。

免疫力工場は、できものやニキビができにくい肌にし、肌の再生サイクルが正常であれば、万が一、ニキビができても治りやすい肌にします。

 

 

では、質の高い睡眠のためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

すぐにでも実行可能な、効果が期待できる心がけがありますので、お伝えしましょう。

 

体に適度にフィットする枕やマットレスを選びます。

 

寝るときと睡眠中は暗く静かにすること。

 

ブルーライトは脳を刺激するので、寝る前はスマホなどを長時間見ないように。

 

寝てる間に胃の消火活動させないよう、寝る前は何も食べないようにします。

 

寝るときに体をリラックスさせておきます。

 

このような心掛けでよく眠ることができますので、睡眠の質を上げることができます。

 

 

 

 

 

頭皮の血行が悪く赤くなるのは、つまり頭皮に炎症が発症していることも考えられ、具合によっては当人と言えど素人では早く完全に治すのは難しいかもしれません。

 

もちろん、素人ではそれすらも正しく判断できない可能性もあるので、面倒も医療機関に出向いて診察または治療を受けることを考えた方が良いでしょう。

 

頭皮が赤い、できものがあったり、痒い、かゆくないけど痛い等の主な症例としては、アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、乾皮症皮脂欠乏症湿疹などがあります。

 

いくら当人と言えど、素人があいまいな判断するよりもそれぞれの症状に最適な治療ができるようにしましょう。

 

 

 

 

 

頭から出る白いかさぶたは、ターンオーバーの周期が乱れることが原因と思われます。

 

肌の再生とは皮膚が生まれ変わる循環のことです。

 

皮膚は、外側から表皮、真皮、皮下組織という構造で、新しい皮膚は内側の基底膜で生成され、それが28日間で28日かけて表皮の最も外側にある角質になります。

 

この肌の循環の周期が短くなると基底膜で生成された新しい皮膚が未熟なまま新しい角質になります。

 

未熟ですからバリア機能が弱くなり乾燥に弱い刺激に弱い肌に変わってしまうのです。

 

逆に循環の周期が長くなってしまうと古い角質が肌の表面に残るので、くすんだ肌に見えたり、ごわつく原因となります。

 

よく聞かれるアトピーは、この循環の周期が短すぎて、新しい皮膚が未熟となり、かゆみなどの肌トラブルを起こします。

 

 

 

 

 

頭皮のかゆみは健康な頭皮には起こらないので、痒みがあるということは、頭皮環境が崩れていると考えられます。

 

頭皮のかゆみは、頭皮や空気の乾燥とその逆の皮脂の過剰分泌、紫外線などによるダメージなど、原因は様々です。

 

何が原因だとしても髪の毛の成長を妨げるため、その先には、抜毛症になります。

 

はげないとは言い切れません。

 

また、できものができて掻いて傷つき傷がもとで痒くなるという悪循環になる危険もあります。

 

痒みが数日間に及ぶなら原因を明確にしなければなりません。

 

そのうえで、適切な治療を選択します。

 

抜け毛まで発症させないように注意しましょう。

 

 

 

 

 

page top