脂漏性皮膚炎で頭皮湿疹になった時、療養のポイントはシャンプーと保湿です。

脂漏性皮膚炎で頭皮湿疹になった時、療養のポイントはシャンプーと保湿です。

頭皮湿疹の画像を見ると結構ひどい見た目でかゆみなしとは思えないですが、治し方の1つとして皮膚科に入ったのでしょうか?

 

 

治らないときには、ストレスのチェックや市販薬の利用も考えます。

 

わかっているつもりでも頭皮を守る役目のある皮脂を必要以上の取り過ぎが原因になっているよう見受けられます。

 

頭皮には、皮脂腺と汗腺が非常にたくさんあり、常に分泌しています。

 

頭皮の皮脂腺については、体の中で頭皮が一番多く顔の中でも多いTゾーンの2倍以上です。

 

頭皮も皮膚の構造は同じです。

 

頭皮のトラブルもそれ以外の肌のトラブルも同じと考えた方が良いでしょう。

 

つまり、シャンプー剤は顔にも使えること、皮脂を摂り過ぎないようにしましょう。

 

子供でさえ痛い、かゆいというなら抜け毛の心配が必要です。

 

 

 

 

 

もし、痒みの原因が脂漏性皮膚炎と診断された場合、処方薬を塗る飲む以外に本人ができることは、頭皮の清潔さを維持することです。

 

清潔にするためには、髪の汚れや余分な皮脂を洗い流し、シャンプー後はよく乾かすことです。

 

シャンプー前にブラッシング、そして温めのシャワーでしっかり濡らします。

 

これにより目に見えない皮脂や埃を結構洗い流せます。

 

次に刺激の少ないシャンプーを手のひらで泡立たせて頭皮を指の腹でマッサージするように洗います。

 

頭皮に傷をつけないようゴシゴシや爪を立てることは厳禁です。

 

泡はお湯を惜しまず使ってきちんと洗い流します。

 

濡れた髪はドライヤーで、頭皮から乾かします。

 

その際、熱風をあて過ぎないようにしましょう。

 

 

 

 

 

頭皮のかゆみは健康な頭皮には起こらないので、逆に言えば、痒みがあるということで頭皮が不健康な状態になっていると認識して良いでしょう。

 

頭皮のかゆみは、皮脂が過剰に分泌されていたり、乾燥していたり、紫外線などによるダメージなど、いくつか原因があります。

 

何が原因だとしても髪の成長には、足かせになってしまうためその先には、抜毛症につながることもあります。

 

また、できものができて掻いて傷つきそのせいでまた痒くなる、という痒みのサイクルに陥ることもあります。

 

頭皮のかゆみが続くならば、皮膚科などで原因を特定して対策を行う必要があります。

 

抜け毛まで発症させないように最善を尽くしましょう。

 

 

 

 

 

頭ににきびができてしまうのは、過剰や皮脂の分泌や肌再生に支障が起きてしまうなどで古い角質や皮脂が毛穴をふさいで、毛穴にそれらが留まってしまうことで発症します。

 

蓋をされた状態の毛穴では、常駐している菌(アクネ菌)が皮脂や古い角質を餌として増殖し、それにより毛穴を中心に炎症となって、それがニキビという疾患になります。

 

頭ににきびができる過程は顔などほかの肌と同じですが、頭の方が皮脂腺が集まっていて皮脂量も多いので、活発なアクネ菌のためにきびになりやすい環境になっています。

 

また、頭皮は髪に覆われていることから角質や皮脂など汚れが付きやすく痛みやかゆみを放置しておくと膿になったり、もっと悪化する場合もあります。

 

 

 

 

 

page top