脂漏性皮膚炎で頭皮湿疹になった時、療養のポイントは頭皮保湿と洗髪です。

脂漏性皮膚炎で頭皮湿疹になった時、療養のポイントは頭皮保湿と洗髪です。

頭皮湿疹の画像を見ると結構ひどい見た目でかゆみなしとは思えないですが、治し方の1つとして皮膚科に入ったのでしょうか?

 

 

治らないときには、ストレスをなくすことや薬も必要です。

 

キチンとしているつもりでも頭皮に必要な皮脂を取り過ぎていることが原因になることが多いです。

 

全身のうち頭皮は、皮脂腺や汗腺がとても多く分泌も活発です。

 

頭皮の皮脂腺については、体の中で頭皮が一番多く顔の中でも多いTゾーンの2倍以上です。

 

頭皮も皮膚としての構造は同じなので、頭皮に発症したトラブルは、それ以外の肌のトラブルも同じと考えた方が良いでしょう。

 

シャンプーは顔にも使えるものを使い、頭皮の皮脂に優しくすることに注意しましょう。

 

子供であっても痛い、かゆいと感じたら将来の抜け毛も心配せざるを得ないでしょう。

 

 

 

 

 

頭ににきびができてしまうのは、皮脂が余分に分泌されてしまうことやターンオーバーの異常などのため毛穴を皮脂や古い角質がふさぎ、毛穴にそれらが留まってしまうことで発症します。

 

蓋をされた状態の毛穴では、通性嫌気性菌のアクネ菌が皮脂や古い角質を餌として増殖し、それにより毛穴を中心に炎症となって、それがニキビという疾患になります。

 

頭皮のにきびが発症するメカニズムは顔と同じですが、頭皮の方が皮脂腺が集まっていて皮脂量も多いので、アクネ菌が活性化しやすいためにきびができやすい条件となっています。

 

また、頭は髪が多いので、皮脂や角質などの汚れがたまりやすく痛みやかゆみを放置しておくと膿になったり、もっと悪化する場合もあります。

 

 

 

 

 

頭皮は白いのが当たりまえってご存知ですか?

 

むしろ頭皮が赤いとトラブルが起きているかもしれません。

 

頭皮が赤いということは血流が悪い事を意味し、それは頭皮に問題を引き起こすきっかけになりやすいです。

 

顔色ならば、運動や長時間の入浴をすると毛細血管が拡張して赤くなります。

 

でも頭皮の場合は事情が違います。

 

頭皮は身体の中で心臓から遠く、血管が細くもともと血流が悪いので白いのです。

 

ですから運動や入浴をしていない通常時に頭皮が赤いということは、血行不良で皮膚が異常な状態にあると言えます。

 

 

 

 

 

頭皮にニキビやできものができやすい人は、ストレスが溜まっていませんか?

 

ストレスは皮脂を増やす原因となり、余分な皮脂はできものやニキビの原因になります。

 

そのことからストレスは溜めないで、発散することが大切というのが理屈ですが、実は、ストレスを溜めこみやす人は発散のやり方がわからないという人が多い傾向でもあります。

 

誰でもストレスを発散できる方法なんて言うものは、残念ながらないですが、やはりストレスの元凶からできるだけ離れること、そしてできるだけ考えないことが基本中の基本ですね。

 

ストレスの元凶が「職場や学校」や「他人」などであれば、自分だけの場所や時間を見つけることで離れやすいと思います。

 

家の中や自分自身の場合は、割り切って受け入れることからスタートしてみませんか?

 

ストレスが原因のできものは、ストレスが小さくなるだけでも解消されやしので、自分なりのストレス発散の方法をぜひ探してみましょう。

 

 

 

 

 

page top