肌にできるニキビと頭皮にきびは、どんな違いがあるでしょう。

肌にできるニキビと頭皮にきびは、どんな違いがあるでしょう。

痛い思いをするのは同じでも治し方、にきび原因が違うのか、治らないと思っている人には、不思議な点かもしれません。

 

 

知らない人が多いと思われるのは、顔のにきび、そして頭皮にあるにきびは、症状は同じです。

 

顔と頭、どちらも原因は余分な皮脂が毛穴で詰まったせいです。

 

顔面でも頭皮でも肌のケアが悪いと赤く吹き出ます。

 

頭の場合、たくさんの毛穴があって皮脂の分泌が盛んです。

 

また、顔に比べて長い髪にしている人が多く、顔にできるにきびのように気づきにくいので、十分なケアになっていないことが多いです。

 

そのような理由で、頭皮にキビは治りにくいと諦め気分になりがちかもしれません。

 

 

 

 

 

男性でも女性でも生え際が心配で、ハゲるだのハゲただの気が重くなりますね。

 

(花王キュレルをおすすめするサイトが多いですが)頭皮にかさぶたと痛いかゆい頭皮ニキビの治し方は原因排除が重要で、まずは頭皮をきれい(画像)にすることですからそのためシャンプーは必須です。

 

たとえば、頭痛があってフケだらけならオロナインでは治らないことが多く、そのケースでの原因は、ストレスの可能性もあります。

 

頭皮ニキビができてしまった、あるいはたくさん赤いポチポチがある人は、洗髪のやり方を見直しましょう。

 

大切なことは、成分に関係なく洗髪の時のシャンプー市販を頭皮に直接つけないこと、毛穴に詰まった汚れはきちんと落とすこと、地肌に爪を立てず指の腹で洗うこと、そしてシャンプー剤は頭皮や髪にに残らないように十分にすすいで終わらせることです。

 

シャンプー後は、頭皮をしっかり乾かすことも大切です。

 

 

 

 

 

頭皮の赤みの原因として考えられるのは、まずはシャンプーです。

 

シャンプーと言えば、汚れを洗い流す力を必要としていますが、洗浄力の高いシャンプーはほとんどの商品で○○硫酸の言う名前の成分が含まれています。

 

○○硫酸は、高い洗浄力を誇りますが、必要以上に頭皮の油分も水分も洗い流してしまって、頭皮には大きな弊害を与えることがあります。

 

そういったシャンプーを継続して利用すると頭皮は外部の刺激に耐える力が弱まり、炎症を引き起こし、頭皮が赤くなります。

 

硫酸系の成分を含まないアミノ酸系のシャンプーでさえ、問題がないこともないです。

 

その洗浄成分には様々なタイプがあって、皮膚と相性の良し悪しがあります。

 

頭皮が赤い人は、シャンプーをしっかり見極めて利用しましょう。

 

相性が良さそうなシャンプーを選んだあとは、洗髪の方法にも注意します。

 

ゴシゴシと乱暴に洗ったり、爪を立てたり、過度な力と刺激を頭皮に与えるやり方は、絶対にいけません。

 

それに頭皮に直接シャンプーを付けたり、シャンプー後のすすぎが不十分でシャンプー剤も汚れも洗い残すと頭皮に炎症ができてしまう原因にになってしまいます。

 

 

 

 

 

頭皮にニキビができる原因は、過剰や皮脂の分泌やターンオーバーの異常などのため古い角質や皮脂が毛穴をふさいで、毛穴にそれらが留まってしまうことで起きます。

 

蓋をされた状態の毛穴では、常駐している菌(アクネ菌)が古い角質や皮脂を餌として増殖し、それにより毛穴を中心に炎症となってにきびになります。

 

頭ににきびができる過程は顔などほかの肌と同じですが、頭皮の方が皮脂腺が密集している上に皮脂量も多いので、アクネ菌が活性化しやすいためにきびになりやすい条件となっています。

 

また、頭は髪が多いので、皮脂や角質などの汚れがたまりやすく痛みやかゆみを放置しておくと膿となり、患部はさらに悪化する危険もあります。

 

 

 

 

 

page top