肌にできるニキビと頭皮にできるニキビは、どのように違いがあるでしょう。

肌にできるニキビと頭皮にできるニキビは、どのように違いがあるでしょう。

痛い思いをするのは同じでもにきび原因や治し方など治らないと思っている人には、不思議な点かもしれません。

 

 

知らない人が少なくないのは、顔にできるニキビと頭皮にあるにきびは、症状は同じです。

 

顔面と頭皮、どちらも原因は毛穴に皮脂が詰まったせいです。

 

顔面でも頭皮でも肌のケアが悪いと赤く吹き出ます。

 

頭の場合、毛穴がたくさんあって皮脂の分泌が盛んです。

 

また、顔よりも髪が長いことが多く、顔面のにきびほど気づきにくいので、十分なケアになっていないことが多いです。

 

そのような理由で、頭にできるニキビは治りにくいと諦め気分になりがちかもしれません。

 

 

 

 

 

男性も女性も生え際が心配で、ハゲるだのハゲただの気が重くなりますね。

 

(花王のキュレルはおすすめとも聞きますが)頭皮にかさぶたがあってニキビができて痛い・かゆいときの治し方は原因をなくすことが大切で、まずは頭皮をきれい(画像)にすることですから洗髪には注意が必要です。

 

ちなみに頭痛とともにフケだらけの場合、オロナインでは治らないことが多く、そのケースでの原因は、ストレスの可能性もあります。

 

頭皮ニキビができてしまった、またはできやすい人は、洗髪のやり方を変えた方がいいと思います。

 

大事なことは、どんな成分でもシャンプー市販剤を直接地肌につけないこと、毛穴に詰まった汚れはしっかりとること、地肌に爪を立てず指の腹で洗うこと、そしてシャンプー剤は毛穴に残らないように十分にすすいで流しきることです。

 

洗髪後は、頭皮をしっかり乾かすことも大切です。

 

 

 

 

 

赤いブツブツと強い痒みがあるなら国立感染症研究所によると疥癬(かいせん)というヒゼンダニが原因の病気の可能性もあります。

 

ヒゼンダニの脱皮殻や排せつ物にアレルギー反応を起こし痒みを覚えます。

 

人から人に感染するので、赤ちゃんでも頭や顔の湿疹ができます。

 

通常疥癬(つうじょうかいせん)よりも角化型疥癬(かくかがたかいせん)の場合が一般的に感染力が強いです。

 

ただ、なんと痒くない症例もあり痒みで判断するよりも患部の見た目で判断する場合が多いです。

 

皮膚そう痒症(ひふそうようしょう)、アトピー性皮膚炎、虫刺され、皮脂欠乏性湿疹と症状が似ているので専門医ですら判断するのが難しく、まして素人ではまず判断することはできません。

 

予防のためには、まず疑うことから始めるのが賢明です。

 

 

 

 

 

頭皮が赤くなる(=炎症)を防ぐには、紫外線対策をします。

 

紫外線は、季節にかかわらず地上に降り注いでいますので、天気に関係なく外に出るときは、帽子などで紫外線が頭皮に直接当たることがないよう遮断します。

 

また、紫外線を浴びても支障がないように健康な頭皮にすることは重要です。

 

そのためには皮脂の過剰分泌や頭皮の乾燥にならないようにします。

 

頭皮の乾燥や過剰な皮脂にならないようにするためには、根本的には、生活習慣の改善が必要かもしません。

 

ストレスや栄養バランスの悪い食事、質の悪い睡眠などが原因になりますので、それらに注意また改善の努力が必要です。

 

 

 

 

 

page top