肌にできるニキビと頭皮にきびは、どのように違いがあるかご存知ですか?

肌にできるニキビと頭皮にきびは、どのように違いがあるかご存知ですか?

痛い思いをするのは同じでもにきび原因や治し方など治らないと悩みがある人には、不思議な点かもしれません。

 

 

知らない人が多いと思われるのは、顔のにきび、そして頭皮にあるにきびは、医学上は同じです。

 

顔と頭、どちらも原因は毛穴に皮脂が詰まったせいです。

 

顔面でも頭皮でも条件が揃えば、にきびはできます。

 

頭皮については、毛穴がたくさんあって皮脂の分泌が盛んです。

 

また、顔よりも髪が長いことが多く、顔にできるにきびのように気づきにくいので、対処がおざなりになりがちです。

 

そういったことで、頭にできるニキビは治らないという印象が強いかもしれません。

 

 

 

 

 

頭皮が赤いときの対策は、洗髪全般を見直します。

 

頭皮は炎症を起こしているので、刺激の強い硫酸系の成分を利用したシャンプー剤は避けるべきです。

 

頭皮の皮脂を完全に取り除くほど強い洗浄力はなくても構わないので、汚れはある程度摂れれば良いと割り切ってアミノ酸系のシャンプーにしましょう。

 

注意点としては、アミノ酸系は確かに刺激は弱いのですが、頭皮との相性と合わないこともないとは言い切れません。

 

その点に注意してシャンプー剤を選びましょう。

 

それと洗髪のやり方も再チェックしましょう。

 

指の腹でマッサージする様な洗い方がベターです。

 

しっかりシャンプーの泡を作って頭皮も髪もその泡で洗うつもりでやってください。

 

その後はしっかりすすいで、ドライヤーの熱風をあて過ぎずに(あて過ぎると焦げた匂いがしますね)しっかりと乾かしましょう。

 

 

 

 

 

頭皮湿疹が赤いかゆいだけでは深刻な病気と思っていない人は、なかなか皮膚科に行こうとしない。

 

そもそも頭皮のにできる湿疹とは、空気の乾燥、皮脂の洗いすぎ、皮脂の洗い残し、汗によるかぶれなど様々なことをきっかけにして起こります。

 

フケや痒みについては、頭皮の常在菌が皮脂を分解して、排せつ物が頭皮を刺激し、炎症を起こすことです。

 

頭皮に湿疹(ブツブツ)ができたときは、ドラッグストアや薬屋で変える薬でも処方薬でも薬で対処する方が短期間で完治できます。

 

治らないことは、ほぼありません。

 

ただ大きいブツブツが治らないは、重篤な病気も疑いましょう。

 

 

 

 

 

頭皮のニキビやできものの対策として、ヘアケアのやり方を見直すことも大切です。

 

最初、洗髪をする前にブラッシングです。

 

次にぬるま湯でよくすすぎます。

 

そのうえでシャンプー剤を付けますが、掌でしっかりと泡立て、シャンプー剤を直接つけるのではなく泡で洗うというイメージです。

 

できものがある個所は、特に気を付けて泡で洗いましょう。

 

それ以外の個所は、指の腹でマッサージをしながら洗っていいですね。

 

タオルドライは、髪の毛を押さえるように水分を吸い取るようにしましょう。

 

後は、ドライヤーで頭皮と髪の毛を乾かします。

 

半乾きにしておくと、常在菌が増える原因になり、できものができやすい状態ですので、それを防ぐために乾かします。

 

トリートメントは、髪には良いですができものには良くありませんので、付け過ぎ厳禁です。

 

できるだけできもの箇所には付けないようにします。

 

 

 

 

 

page top