肌にできるニキビと頭皮にきびは、どのように違いがあるでしょう。

肌にできるニキビと頭皮にきびは、どのように違いがあるでしょう。

かゆい思いをするのが同じでも治し方、にきび原因が違うのか、治らないと思っている人には、不思議な点かもしれません。

 

 

知らない人が少なくないのは、顔のにきび、そして頭皮にあるにきびは、医学上は同じです。

 

顔面と頭皮、原因はどちらも毛穴に皮脂が詰まったせいです。

 

顔面でも頭皮でも肌のケアが悪いと赤く吹き出ます。

 

頭皮については、たくさんの毛穴があって皮脂の分泌が盛んです。

 

また、顔に比べて長い髪にしている人が多く、顔にできるにきびのように目立たないので、十分なケアになっていないことが多いです。

 

そのような理由で、頭皮にキビは治りにくいと諦め気分になりがちかもしれません。

 

 

 

 

 

頭のケアは、シャンプーと保湿が大切です。

 

シャンプーは、皮脂を取り除くことに一生懸命になりがちですが、頭皮も顔と同じくべたつきもするし、乾燥もあります。

 

痒みが出るときもあるので、掻くのと治まるの繰り返しで、頭皮が固くなってしまうこともあります。

 

酷くなるとネットで見かけるような画像のように発症することもあります。

 

頭皮にかさぶたや湿疹がある場合、治し方として市販薬を使うこともありますが、かゆみなしかありか、1つの判断基準です。

 

ストレスが原因かもしれませんし。

 

その時は、皮膚科の診察を受けましょう。

 

例えば、後頭部の炎症がなかなか治らないという場合は、患部と枕カバーがこすれ合うことで、それが原因になることがあります。

 

枕カバーは清潔にするよう心掛け、肌に優しいシャンプーで洗髪してください。

 

意外と気づかないのは、抜け毛がある子供です。

 

痛いとかかゆい等症状があればケアしましょう。

 

 

 

 

 

頭から出る白いかさぶたは、肌再生が正常に行われていないことが原因と考えられます。

 

ターンオーバーとは皮膚が生まれ変わる循環のことです。

 

表皮、真皮、皮下組織で皮膚といい、基底膜という内側の組織から新しい皮膚が生まれ、それが28日間で表皮の最も外側にある角質になります。

 

この肌の循環の周期が短くなると新しい皮膚が未熟な状態で新しい角質になります。

 

未熟のため外部の刺激に耐える力が小さくなり乾燥に弱い敏感な肌になってしまうのです。

 

逆に循環過程の周期が遅くなると古い角質が肌の表面に残るので、肌がくすんで見えたり、ごわつく原因となります。

 

アトピー性皮膚炎は、この循環過程の周期が早すぎて、新しい皮膚が未熟となり、様々な肌の障害が生まれます。

 

 

 

 

 

頭皮が赤いときの対策は、シャンプー剤とシャンプーのやり方を再チェックします。

 

頭皮は炎症を起こしているので、刺激の強い硫酸系の成分を含有した商品は避けるべきです。

 

頭皮の皮脂を完全に取り除くほどの力はないくらいが丁度良いので、程よく汚れがとれる程度のアミノ酸系シャンプーの選択を検討します。

 

注意点としては、アミノ酸系は確かに刺激は弱いのですが、頭皮との相性と合わないこともないとは言えないので、そういったことも踏まえた上でシャンプー剤を選びましょう。

 

それと洗髪のやり方も再チェックしましょう。

 

ゴシゴシ洗い、爪立て洗いはいけません。

 

しっかりシャンプーの泡を作って頭皮も髪もその泡で洗うつもりでやってください。

 

その後はしっかりすすいで、ドライヤーの熱風をあて過ぎずに(あて過ぎると焦げた匂いがしますね)生乾きにならないように乾かします。

 

 

 

 

 

page top