知って損はない痒みのメカニズムのお話しです。

知って損はない痒みのメカニズムのお話しです。

まず、痒みのもとは「ヒスタミン」で、通常時は非活性ですが、ケガなど外部から刺激があると活性化します。

 

 

炎症が起きている皮膚の中では、ヒスタミンなどを含む「マスト細胞」というものがたくさん集まっている「炎症細胞」が見られます。

 

マスト細胞がヒスタミンを放出して、炎症細胞は炎症を悪化させる物質を作り出します。

 

それらが「かゆみ神経」を刺激することで人はかゆみを感じます。

 

つまり、炎症を抑えなければ、痒みは続くということです。

 

 

 

 

 

赤い頭皮になっているのは、皮脂によって炎症を起こしている可能性があります。

 

頭皮に炎症を起こした場合、大きく分けて2つの原因があります。

 

皮脂の過剰な分泌と頭皮が乾燥していることです。

 

1つ目の皮脂が過剰である理由ですが、だいたいは食生活の乱れ、睡眠不足、ストレスなどが挙げられます。

 

過剰な皮脂は頭皮の炎症を引き起こします。

 

もっとも皮脂は完全な悪者ではないです。

 

適度な皮脂は、頭皮を外部の刺激や乾燥から守る役目があります。

 

問題なのは過剰にあることで、そのままにしておくと酸化して過酸化脂質に変化して頭皮を刺激してしまうになるわけです。

 

頭皮が乾燥していると紫外線ダメージを受けやすくなります。

 

人それぞれ皮脂の必要量が違いますが、シャンプー剤や間違った洗髪のやり方によって、その量が満たせないほど取り除いてしまったときは、頭皮を守る皮脂の力が小さくなったことを意味します。

 

そういった状態で紫外線を浴びれば、その紫外線のせいで頭皮に炎症が起きることとなります。

 

 

 

 

 

頭皮湿疹やかさぶたがあるとき、まず原因をはっきりさせましょう。

 

接触性皮膚炎なら原因物質との接触を避けるようにします。

 

頭皮湿疹の画像を見ると結構、痛々しいですよね。

 

シャンプー、整髪料、カラーリング剤などを疑うべきです。

 

皮脂欠乏性皮膚炎なら洗髪に原因があり頭皮の最低限必要な皮脂さえもなくしている場合があり、清潔さを維持しながらも頭を洗う頻度を減らすと良いでしょう。

 

また、ストレスのため免疫力が弱くなり、皮膚が過敏になることで、湿疹や痒みを引き起こすことがあります。

 

自分では原因がわからない、治し方も不明の場合は、専門の医療機関を受診して適切な薬を処方してもらいましょう。

 

そうしなければ家にある市販薬ではいつまでも治らず、かゆみなしというわけにはいきません。

 

子供が頭かゆいとか痛いとか言ったならば、まさか抜け毛になるなんてことあるのでしょうか?

 

 

 

 

 

頭皮のかゆみは健康な頭皮には出ないので、痒みがあるということは、頭皮が不健康な状態になっていると認識して良いでしょう。

 

頭皮のかゆみは、頭皮や空気の乾燥とその逆の皮脂の過剰分泌、紫外線などによるダメージなど、原因は様々です。

 

いずれも頭皮のトラブルで髪の成長には、足かせになってしまうため酷くなると抜け毛につながることもあります。

 

また、できものができて掻いて傷つき傷がもとで痒くなるという痒みのサイクルに陥ることもあります。

 

痒みが数日間に及ぶなら皮膚科などで原因を特定して対策を行う必要があります。

 

抜毛にならないよう最善を尽くしましょう。

 

 

 

 

 

page top