知って損はないなぜかゆみを感じるかご説明します。

知って損はないなぜかゆみを感じるかご説明します。

かゆみを感じる神経を刺激するのは、ヒスタミンという物質です。

 

 

普段は停止状態ですが肌が傷がつくなどをきっかけに動き出す物質です。

 

炎症も活性化のきっかけで、その肌の中ではヒスタミンなどを含む「マスト細胞」というものが集合している「炎症細胞」という細胞があります。

 

ヒスタミンはマスト細胞から排出され、炎症細胞は炎症を悪化させる物質を生み出しています。

 

それらがかゆみを感じる神経を刺激するため「かゆい」という感覚が生まれます。

 

つまり、炎症を抑えなければ、痒みは繰り返されるということです。

 

 

 

 

 

赤い頭皮になってしまう理由は、皮脂によって炎症を起こしている可能性があります。

 

頭皮の炎症は、主に2つの原因があります。

 

皮脂の過剰な分泌と頭皮の乾燥です。

 

皮脂の過剰分泌の原因は、おおよそ食生活の乱れ、睡眠不足、ストレスなどが挙げられます。

 

皮脂が余計にあると炎症になります。

 

勘違いしないでほしいのは、皮脂は完全な悪者ではないです。

 

皮脂が頭皮に適量あると紫外線や乾燥から守る機能があります。

 

あり過ぎることが良くないことで、そのままにしておくと酸化して過酸化脂質に変化して頭皮を刺激する原因になるわけです。

 

頭皮が乾燥していると紫外線ダメージを発症しやすくなります。

 

人それぞれ皮脂の必要量が違いますが、シャンプー剤や正しくない洗髪で、その必要量がないくらい取り除いてしまったときは、頭皮が皮脂によって守られる作用が小さくなったことを意味します。

 

そのうえで紫外線を浴びると日焼けもするしその紫外線の影響で頭皮に炎症が起きることとなります。

 

 

 

 

 

頭皮の赤みの理由とは、最初に疑うのはシャンプーです。

 

シャンプーは、その用途から洗浄力を必要としていますが、洗う力が強いと言われる商品にはほとんどの場合、○○硫酸の言う名前の成分が含まれています。

 

硫酸系の成分は、高い洗浄力を誇りますが、使い方によっては残したい水分や油分さえ洗い流してしまって、頭皮環境にダメージを引き起こします。

 

そういったシャンプーを継続して利用すると頭皮は外部の刺激に耐える力が弱まり、炎症を引き起こし、赤い部分が生まれます。

 

一方、頭皮に優しいと言われるアミノ酸系のシャンプーでさえ、無条件には安心できません。

 

アミノ酸系の成分にもいろいろ性質が違うので、皮膚と相性の良し悪しがあります。

 

頭皮が赤い人は、シャンプーをしっかり見極めて利用しましょう。

 

自分に合うシャンプー剤を選べたら次はシャンプーのやり方です。

 

ガリガリと力を入れたり、爪を立てたり、頭皮に力づくで容赦のない洗い方は絶対にいけません。

 

それに頭皮に直接シャンプーを付けたり、すすぎが中途半端で汚れだけでなくシャンプー剤を残してしまうと頭皮に炎症を起こす原因になってしまいます。

 

 

 

 

 

脂漏性皮膚炎で頭皮湿疹になった時、療養のポイントはシャンプーと保湿です。

 

頭皮湿疹の画像を見ると見えるに堪えられないレベルでかゆみなしとは思えないですが、治し方の定番として皮膚科の受信は外せないですね。

 

時には、ストレスのチェックや市販薬の利用も考えます。

 

キチンとしているつもりでも頭皮に必要な皮脂を取り過ぎていることが原因になることが多いです。

 

全身のうち頭皮は、皮脂腺と汗腺が非常にたくさんあり、分泌も活発です。

 

頭皮の皮脂腺については、最も多いです。

 

その数は、Tゾーンの2倍以上あります。

 

頭皮も皮膚の構造は同じです。

 

頭皮のトラブルもまさに肌トラブルと同じだと認識しましょう。

 

つまり、シャンプー剤は顔にも使えること、頭皮の皮脂に優しくすることに注意しましょう。

 

子供でさえ痛い、かゆいというなら将来の抜け毛も心配せざるを得ないでしょう。

 

 

 

 

 

page top