睡眠の質が良くなると免疫力を向上させ、肌のターンオーバーを促す成長ホルモンが分泌されやすくなります。

睡眠の質が良くなると免疫力を向上させ、肌のターンオーバーを促す成長ホルモンが分泌されやすくなります。

免疫力アップは、ニキビやできものができにくくなり、肌の再生サイクルが正常であれば、ニキビやできものができても治りやすい肌にします。

 

 

それでは、睡眠の質を上げるためにできることはご存知ですか?

 

すぐにでも実行可能な、効果が期待できる心がけがありますので、お伝えしましょう。

 

マットレスや枕は体に合ったものをを選ぶこと。

 

寝るときと睡眠中は暗く静かにすること。

 

ブルーライトは脳を刺激するので、寝る前はスマホなどを長時間見ないように。

 

寝てる間に胃の消火活動させないよう、寝る前は何も食べないようにします。

 

寝るときに体をリラックスさせておきます。

 

このようなことが熟睡するコツで、質の高い睡眠になります。

 

 

 

 

 

痛いとかかゆいとか頭皮湿疹にしないためにシャンプーは、頭皮の脂を取り除こうと爪を立てるのは禁物です。

 

(かゆみなしの子供も同じ)基本は、髪を濡らす前にブラッシングでゴミなどを取り除きます。

 

次に温めのお湯に髪全体を付けます。

 

温めのお湯とは、38度前後です。

 

頭皮に刺激が強すぎてはいけません。

 

シャンプーを適量手のひらにのせ十分に泡立てます。

 

その泡を頭全体に馴染ませて両手の指の腹で頭皮をマッサージするように洗いましょう。

 

すすぎは、シャンプー剤を一切残さないようにしっかりを流します。

 

濡れた髪は、タオルドライの後、頭からドライヤーを離し、熱風が直接髪にあたらないように注意します。

 

こういうことで、頭皮の湿疹の原因にならないようにします。

 

もちろん抜け毛防止にもつながります。

 

洗髪前にブラッシングするとき、頭皮かさぶたのフケが出るかどうかがポイントです。

 

皮膚科に行かなくても市販薬での治し方にしたいと思った場合、軽く考えずにネットか何かで症状の画像も見てみましょう。

 

それが軽く考えた末路かもしれません。

 

原因にはストレスも考えられるので、ご自身の気持ちの状態などを見直してみましょう。

 

 

 

 

 

健康な頭皮に痒みは出ないので、逆に言えば、痒みがあるということで頭皮が不健康な状態になっていると考えられます。

 

頭皮が痒いのは、頭皮や空気の乾燥とその逆の皮脂の過剰分泌、紫外線などによるダメージなど、原因は様々です。

 

いずれも頭皮のトラブルで髪の成長には、足かせになってしまうため酷くなると抜け毛になります。

 

はげないとは言い切れません。

 

また、できものができて掻いて傷つきそのせいでまた痒くなる、という痒みのサイクルに陥ることもあります。

 

頭皮のかゆみが続くならば、原因を明確にしなければなりません。

 

対策を行う必要があります。

 

抜け毛まで発症させないように最善を尽くしましょう。

 

 

 

 

 

もし、痒みの原因が脂漏性皮膚炎と診断された場合、病院からの薬を塗ったり飲んだりすると思いますが、それ以外にご自身ができるのは、頭皮の清潔さを維持することです。

 

そのための心がけとして、汚れや皮脂をきちんと洗って取り除き、洗髪の後はすぐに頭皮まで乾かします。

 

シャンプー前にブラッシング、一度、温めでたっぷりのお湯で流しましょう。

 

これにより目に見えない皮脂や埃をだいぶ落とせます。

 

シャンプーは洗浄力の弱いものを使い、手のひらで泡立たせて頭皮を指の腹でマッサージするように洗います。

 

頭皮に傷をつけないよう爪を立てたり、ガシガシ洗うのは厳禁です。

 

泡は十分なお湯を使ってきちんと洗い流します。

 

濡れた髪はドライヤーで、頭皮から乾かします。

 

その際、熱風をあて過ぎないようにしましょう。

 

 

 

 

 

page top