痛いとかかゆいとか頭皮湿疹にしないためにシャンプーは、頭皮の汚れを落とそうと爪を立てるのは禁物です。

痛いとかかゆいとか頭皮湿疹にしないためにシャンプーは、頭皮の汚れを落とそうと爪を立てるのは禁物です。

それは、かゆみなしという子供でも同じです。

 

 

基本は、最初に髪をとかしてほこりなどを取ります。

 

そして髪すべてをぬるいお湯で濡らします。

 

温めのお湯とは、38度前後です。

 

頭皮がピリピリしてはいけません。

 

シャンプーを手に適量を取ってよく泡をたたせます。

 

その泡を頭全体に馴染ませて両手の指の腹で頭皮を優しく洗いましょう。

 

泡を流すときは、シャンプー剤を一切残さないようにじっくり2分程度流します。

 

乾かすときは、乾いたタオルで大方の水分を取った後、頭からドライヤーを離し、熱風が直接髪にあたらないように注意します。

 

こういうことで、頭皮の湿疹の原因にならないようにします。

 

当然、抜け毛の予防にもなります。

 

シャンプー前のブラッシングでは、頭皮かさぶたのフケが出るかどうかがポイントです。

 

皮膚科ではなく市販薬での治し方にしたいと思った場合、軽く考えずにネットか何かで症状の画像も見てみましょう。

 

それが油断した結果かもしれません。

 

ストレスが原因の時は少々厄介ですので、一度、そういった振り返りをしてみませんか?

 

 

 

 

 

ご参考までになぜかゆみを感じるかご説明します。

 

まず、痒みのもとは「ヒスタミン」で、普段は停止状態ですがケガなど外部から刺激があると活性化します。

 

炎症も活性化のきっかけで、その肌の中では「マスト細胞(ヒスタミンなどを含んでいます)」がたくさん集まっている「炎症細胞」が見られます。

 

マスト細胞がヒスタミンを放出して、炎症を悪化させる物質は炎症細胞が生み出しています。

 

それらが「かゆみ神経」を刺激することで「かゆい」という感覚が生まれます。

 

つまり、炎症を抑えなければ、痒みは続くというメカニズムです。

 

 

 

 

 

頭皮が赤いときの対策は、シャンプー剤とシャンプーのやり方を再チェックします。

 

頭皮は炎症を起こしているので、まず洗浄力が高い成分(○○硫酸)を含有した商品は避けるべきです。

 

全ての皮脂をすべて剥がしてしまうほどの力はないくらいが丁度良いので、汚れはある程度摂れれば良いと割り切ってアミノ酸系のシャンプーにしましょう。

 

ただし、肌に優しいアミノ酸系シャンプーといいますが、使う人との相性が悪いことはないとは言い切れません。

 

その点に注意してシャンプー剤を選びましょう。

 

また、シャンプーのやり方についても見直しましょう。

 

ゴシゴシ洗い、爪立て洗いはいけません。

 

しっかりシャンプーの泡を作って頭皮も髪もその泡で洗うつもりでやってください。

 

洗った後は、しっかりすすぎます。

 

最後に、トライヤーと髪は15p以上離してしっかりと乾かしましょう。

 

 

 

 

 

頭皮湿疹やかさぶたがあるとき、その原因を明確にするのが大切です。

 

接触性皮膚炎なら原因になる物質を避けなければなりません。

 

頭皮湿疹の画像を見ると結構、痛々しいですよね。

 

シャンプー、整髪料、カラーリング剤などを疑うべきです。

 

皮脂欠乏性皮膚炎なら洗髪に原因があり頭皮の皮脂を失っていることが考えられるので、清潔さを維持しながらも頭を洗う頻度を減らすと良いでしょう。

 

あるいは、免疫力が低下したことで、皮膚が刺激を受けやすくなり、痒みや湿疹を発症する場合もあります。

 

自分では原因がわからない、治し方がわからないならば、皮膚科医を受診して医師のアドバイスをもらいましょう。

 

そうしないと家にある市販薬ではいつまでも治らないこととなり、かゆみなしの状態にはなりません。

 

子供が頭かゆいとか痛いとか言ったならば、まさか抜け毛になるなんてことあるのでしょうか?

 

 

 

 

 

page top