痛いとかかゆいとか頭皮湿疹を防ぐ洗髪は、頭皮の汚れを落とそうと爪を立てるのは禁物です。

痛いとかかゆいとか頭皮湿疹を防ぐ洗髪は、頭皮の汚れを落とそうと爪を立てるのは禁物です。

(かゆみなしの子供も同じ)正しい手順は、髪を濡らす前にブラッシングでゴミなどを取り除きます。

 

 

そして髪すべてをぬるいお湯で濡らします。

 

温めのお湯とは、38度前後です。

 

頭皮がピリピリしてはいけません。

 

シャンプーを手に適量を取って十分に泡立てます。

 

その泡を頭全体に馴染ませて指の腹で頭皮を優しくまんべんなく洗いましょう。

 

泡を流すときは、泡を完全に取りきるようにしっかりを流します。

 

乾かすときは、乾いたタオルで大方の水分を取った後、頭からドライヤーを離し、熱風が髪に直接あたらないようにしましょう。

 

これにより頭皮の湿疹の原因にないようにしましょう。

 

もちろん抜け毛防止にもつながります。

 

洗髪前にブラッシングするとき、その時、かさぶたが落ちないかチェックします。

 

皮膚科ではなく市販薬での治し方にしたいと思った場合、軽く考えずにネットか何かで症状の画像も見てみましょう。

 

それが油断した結果かもしれません。

 

ストレスが原因の時は少々厄介ですので、一度、そういった振り返りをしてみませんか?

 

 

 

 

 

赤い頭皮になることを防止するためには、紫外線対策をします。

 

紫外線は、季節にかかわらず地上に降り注いでいますので、天気に関係なく外出の際は、帽子などで紫外線が頭皮に直接当たることがないよう遮断します。

 

そもそも紫外線に負けないよう健全な頭皮を維持することは重要です。

 

そのためには皮脂の過剰分泌や頭皮の乾燥にならないように努力します。

 

皮脂が過剰になったり、頭皮を乾燥させないためには、生活習慣の見直しが急務です。

 

ストレスや栄養バランスの悪い食事、質の悪い睡眠などが病気以外の根本的な原因ですので、目先の対処ではなく、しっかりと自分を見直していきましょう。

 

 

 

 

 

赤い頭皮の対策は、手始めに洗髪全般を見直します。

 

頭皮は炎症を起こしているので、まず洗浄力が高い成分(○○硫酸)を含有した商品は避けるべきです。

 

全ての皮脂をすべて剥がしてしまうほど強い洗浄力はなくても構わないので、汚れはある程度摂れれば良いと割り切ってアミノ酸系のシャンプーにしましょう。

 

ただし、肌に優しいアミノ酸系シャンプーといいますが、頭皮との相性と合わないこともないとは言い切れません。

 

その点に注意してシャンプー商品を選びましょう。

 

それと洗髪のやり方も見直しましょう。

 

ゴシゴシ洗い、爪立て洗いはいけません。

 

しっかりシャンプーの泡を作って頭皮も髪もその泡で洗うつもりでやってください。

 

洗った後は、しっかりすすぎます。

 

ドライヤーの熱風をあて過ぎずに(あて過ぎると焦げた匂いがしますね)生乾きにならないように乾かします。

 

 

 

 

 

「できもの」が頭皮にできた際、一番良いことは、その「できもの」を触らないということです。

 

痒いならなおさらです。

 

できものがあると、とくにいぼなどは気になって、つい触ってしまいがちです。

 

頭皮にできた「できもの」は、簡単に見えないことが多くそのため指先の感触で確認したくなってしまいます。

 

ただし、繰り返しになりますが、頭皮のできものはくれぐれも指で触らないようにしましょう。

 

どうしてかといえば、指先には多くの雑菌が常在しているからです。

 

指先はもちろん健康な肌であれば、雑菌が多いと言っても心配する必要はありません。

 

でも、できものができている部分に大量の雑菌が付けば、それにより症状が悪化する可能性が高くなります。

 

ですので、イボも含めて「できもの」には触らないことが最低限必要なこととなります。

 

 

 

 

 

page top