湿疹が頭皮にできたときは、その原因を明確にするのが大切です。

湿疹が頭皮にできたときは、その原因を明確にするのが大切です。

接触皮膚炎の場合は原因になる物質を避けなければなりません。

 

 

脂漏性皮膚炎の画像は、なかなか直視できないです。

 

シャンプー、カーリング剤、整髪料が原因かどうか疑うべきです。

 

皮脂欠乏性皮膚炎ならシャンプーのし過ぎで頭皮の皮脂を失っていることが考えられるので、臭いべたつきに注意しながら頭を洗う頻度を減らすと良いでしょう。

 

また、ストレスのため免疫力が弱くなり、皮膚が過敏になることで、痒みや湿疹を発症する場合もあります。

 

自分では原因がわからない、治し方も不明の場合は、専門の医療機関を受診して医師のアドバイスをもらいましょう。

 

そうしないと家にある市販薬ではいつまでも治らないこととなり、かゆみなしの状態にはなりません。

 

子供もたまに痛いかゆいと言うときがありますが、まさか抜け毛になるなんてことあるのでしょうか?

 

 

 

 

 

頭皮が赤い症状というのは、つまり頭皮に炎症が発症していることも考えられ、具合によってはご自身の努力だけでは早く完全に治すのは難しいかもしれません。

 

もちろん、素人ではそれすらも正しく判断できない可能性もあるので、面倒も医療機関に出向いて診察または治療を受けることを考えた方が良いでしょう。

 

頭皮が赤い、フケ、かゆい、痛いなどの炎症の種類は、アトピー性皮膚炎、乾皮症皮脂欠乏症湿疹、脂漏性皮膚炎、接触性皮膚炎などです。

 

いくら当人と言えど、素人があいまいな判断するよりもそれぞれの症状に最適な治療ができるようにしましょう。

 

 

 

 

 

頭皮の痒みが強くブツブツもある場合は、国立感染症研究所によると疥癬(かいせん)というヒゼンダニが原因の病気の可能性もあります。

 

ふんや脱皮殻のアレルギー反応で痒みが出ます。

 

ヒゼンダニは人から人に感染するので、老若男女、顔でも頭でもブツブツができます。

 

通常疥癬より角化型疥癬(かくかがたかいせん)の場合が感染力が強いのですが、なんと痒くない症例もあり痒み有無や痒みの程度だけでなく肌の見た目で判断するようです。

 

皮膚そう痒症(ひふそうようしょう)、アトピー性皮膚炎、虫刺され、皮脂欠乏性湿疹と症状が似ているのでその診察は、専門医でも難しいと言われ、素人ではまず判断することはできません。

 

予防・対策のために誰でもできることは、疑うことです。

 

 

 

 

 

頭がかゆくなる原因として、脂漏性皮膚炎があります。

 

脂漏性皮膚炎は、皮脂が過剰分泌になると起きやすくなります。

 

人の肌には、肌の健康を維持するために必要な常在菌と不必要な常在菌(マラセチア菌など)がいます。

 

マラセチア菌は、皮脂を餌として遊離脂肪酸を排出します。

 

これが頭皮を刺激して炎症を起こす原因となるわけです。

 

また皮膚はその刺激に対する防衛反応によって皮脂の分泌が増え、余分に分泌された皮脂をマラセチア菌がまた分解するという痒みの悪循環となります。

 

 

 

 

 

page top