湿疹が頭皮にできたときは、まず原因をはっきりさせましょう。

湿疹が頭皮にできたときは、まず原因をはっきりさせましょう。

接触性皮膚炎なら原因になる物質を避けなければなりません。

 

 

頭皮湿疹の画像を見るとなかなか直視できないです。

 

シャンプー、カーリング剤、整髪料が原因かどうか疑うべきです。

 

皮脂欠乏性皮膚炎なら洗髪に原因があり頭皮の最低限必要な皮脂さえもなくしている場合があり、臭いべたつきに注意しながらシャンプーの回数を減らすと良いでしょう。

 

あるいは、免疫力が低下したことで、皮膚が刺激を受けやすくなり、湿疹や痒みを引き起こすことがあります。

 

原因に見当がつかなく、治し方も不明の場合は、皮膚科医を受診して医師のアドバイスをもらいましょう。

 

そうしなければドラッグストアの市販薬ではいつまでも治らないこととなり、かゆみなしの状態にはなりません。

 

子供もたまに痛いかゆいと言うときがありますが、抜け毛の心配も必要ですか?

 

 

 

 

 

質の高い睡眠は、免疫力がアップします。

 

それと肌のターンオーバーを促す成長ホルモンを分泌させやすくなります。

 

免疫力工場は、ニキビやできものができにくくなり、正常なターンオーバーは、ニキビやできものができても治りやすくなります。

 

では、質の高い睡眠のためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

今日からできることがありますので、お伝えしましょう。

 

マットレスや枕は体に合ったものをを選ぶこと。

 

寝るときと睡眠中は暗く静かにすること。

 

ブルーライトは脳を刺激するので、寝る前はスマホなどを長時間見ないように。

 

寝てる間に胃の消火活動させないよう、寝る前は何も食べないようにします。

 

寝るときに体をリラックスさせておきます。

 

このようなことが熟睡するコツで、質の高い睡眠になります。

 

 

 

 

 

赤い頭皮の対策は、手始めに洗髪全般を再チェックします。

 

頭皮は炎症を起こしているので、刺激の強い硫酸系の成分を利用したシャンプー剤は使わない方が無難です。

 

頭皮の皮脂を完全に取り除くほど強い洗浄力はなくても構わないので、程よく汚れがとれる程度のアミノ酸系シャンプーの選択を検討します。

 

注意点としては、アミノ酸系は確かに刺激は弱いのですが、頭皮との相性と合わないこともないとは言い切れません。

 

その点に注意してシャンプー剤を選びましょう。

 

また、シャンプーのやり方についても再チェックしましょう。

 

ゴシゴシ洗い、爪立て洗いはいけません。

 

しっかりシャンプーの泡を作って頭皮も髪もその泡で洗うつもりでやってください。

 

その後はしっかりすすいで、ドライヤーの熱風をあて過ぎずに(あて過ぎると焦げた匂いがしますね)生乾きにならないように乾かします。

 

 

 

 

 

頭皮のできもの対策は、ヘアケア方法を見直すことも大切です。

 

まずはシャンプー前にブラッシングです。

 

シャンプー剤を付ける前にはぬるま湯ですすぎ、十分に濡らします。

 

そのうえでシャンプー剤を付けますが、手で泡を作ります。

 

泡の力で頭皮の汚れを落すというイメージです。

 

できものがある個所は、なおさら泡で洗うよう徹底してください。

 

健康な個所は、指の腹で優しくマッサージをするのは良いでしょう。

 

タオルドライは、髪の毛を押さえるように吸い取るイメージです。

 

その後に必ずドライヤーを使って髪の毛と頭皮をしっかり乾かします。

 

半乾きにしておくと、常在菌が増える原因になり、できものができやすい状態ですので、それを防ぐために乾かします。

 

トリートメントは、髪には良いですができものには良くありませんので、付け過ぎないように注意してください。

 

できるだけできもの箇所には付けないようにします。

 

 

 

 

 

page top